Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

11月11日はチーズの日2018年11月12日 02時17分51秒

昨日スーパーに行ったらチーズコーナーに「11月11日はチーズの日」というPOPが貼ってありました。
へ~~、そうなんだ。

11月11日は日本記念日協会に登録されただけでも46件の記念日になっていて、記念日がある日で2位番目に多い日だそうです。
「ポッキー&プリッツの日」はテレビでグリコが宣伝しているので皆さんよくご存じだと思いますが、介護の日、ジュエリーデー、おりがみの日、ネイルの日、プラズマクラスターの日、サッカーの日、チンアナゴの日なんてのもあります。
因みに記念日が一番多いのは10月10日で50件です。(2018年11月11日現在)

それにしても、なぜ11月11日が「チーズの日」なんでしょう?
日本の歴史上でチーズの製造が確認される最古の記録が、700年10月に現在のチーズに近い「酥(そ)」の製造を全国に命じたという記録があることから、10月を新暦に置き換えた11月にして覚えやすい11日を「チーズの日」として、日本輸入チーズ普及協会とチーズ普及協議会が1992年に制定したということです。
なんだか分かったような分からないような、あやふやな根拠でもあります。

で、スーパーでチーズを買ってきて「おうちチーズの日」です。
オレンジ色のチーズはフランス製の「ミモレット」です。
そこから右回りに、フランス製の「フルムダンベール」、同じくフランス製の「ブリー」、イタリア製の「ゴルゴンゾーラ」になります。
フルムダンベールは青カビチーズですが、ゴルゴンゾーラよりもマイルドな味わいです。

ついでに先日横浜の「フレンチーナ」というお店で食べた「チーズ3種盛り合わせ」の写真も載せておきます。
店内が白熱球照明で暗いので色が黄色っぽくなってしまいましたが、イタリアで140年の歴史を誇る「ルイージ・グッファンティ」の最高品質チーズだそうです。
左下は「ビット D.O.P. 」。夏に高山放牧される牛と羊の搾りたてのミルクだけを使う、濃縮した乳の甘みとコクが特徴の、イタリアの隠れた名産チーズ。
上は「ウブリアーコ・スペチャーレ 」。ワインやグラッパの搾ったブドウに漬け込んだ[酔っ払いチーズ]。
右は「 パルミジャーノ・レッジャーノ D.O.P. ヴァッケ・ロッセ」。“伝説の赤牛”の乳で作られる上質なコクと旨味の最高級チーズ 。
チーズの説明はメニューに書いてあったものをそのまま転載しました。

私にはスーパーで売っている安いプロセスチーズが一番口にあっているようです。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2018/11/12/8996144/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。