Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

東京スカイツリー天望回廊へ Vol.62012年06月05日 23時59分45秒

今日は午前8時のオープン直後に天望回廊へ昇ってみました。
天気はやっぱり曇っていて残念!でも、前回の5月29日よりはマシです。

東京タワー方向。東京タワーから右にズ~ッと目をやると銀色の六本木ヒルズ・森タワーが見えます。手前の川は隅田川。
東京スカイツリー天望回廊より

東京タワーにズームイン!。
東京スカイツリー天望回廊より

画面一番上、中央部に東京ディズニーリゾートが・・・。ディズニーシーのタワーオブテラーとSSコロンビア号の3本の煙突、プロメテウス火山がかろうじて見えます。
右側の観覧車は葛西臨海公園のダイヤと花の大観覧車です。
東京スカイツリー天望回廊より

第1展望台の「天望デッキ」はフロア340とフロア345、フロア350の3層になっています。
フロア340の「ガラス床」に乗ってみました。真下を見ることが出来ます。
東京スカイツリー ガラス床
あまりにも高いので怖さの実感が湧きません。
東京スカイツリー ガラス床
↓下の写真は5月29日の夜に撮った物です。
東京スカイツリー ガラス床
ガラス床は2m×3mの物が2つ並んでいるが、1つは有料の記念写真用になっていて利用出来ません。


フロア350に展示されている「江戸一目図屏風(えどひとめずびょうぶ)」は、約200年前に江戸の絵師・鍬形蕙斎(くわがたけいさい)が描いたもの。
東京スカイツリー 江戸一目図屏風
約1.8m×3.5mの屏風絵は、手前に浅草や両国、隅田川。中央に日本橋や江戸城。そして、遠く富士山が描かれている。当時、江戸を表現するのに好まれた構図で、当時の人々の憧れの構図だったとか。
「過去の江戸と現代の東京を重ねながら眺められる」ということで、候補地の選定理由にも盛り込まれたと言う。
東京スカイツリー江戸一目図屏風
現在の地名と照らし合わせた図も展示されている。
東京スカイツリー 江戸一目図屏風

その他、東京スカイツリーのいろいろな展示物については又、後日です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2012/06/05/6470148/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.