Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

サルスベリの花が咲いています2021年08月29日 11時53分40秒

街を歩いていると、庭先などにサルスベリの花が咲いているのをよく見かけるようになりました。
庭先や街路樹で咲くサルスベリは大きい木が無いので、盛大に咲くサルスベリが見たくて、国営昭和記念公園に行ってきました。

公園内には各所にサルスベリの木が植えられていますが、カナール北側斜面では、大きな木が競うように見事な花を咲かせています。
サルスベリ(百日紅、猿滑)

サルスベリ(百日紅、猿滑、紫薇 学名:Lagerstroemia indica )は、バラ類、フトモモ目、ミソハギ科、サルスベリ属の落葉中高木です。
「百日紅」と書いて普通は「サルスベリ」と読みます。
枝の生育にばらつきがあるので開花期が長期間となる為、百日咲く紅色の花という意味で「百日紅」と書き、「ヒャクジツコウ」とも読みます。

木の幹が成長するにつれて古い樹皮のコルク層が剥がれ落ちていき、新しいすべすべした感触の樹皮が表面に現れて更新していきます。
樹皮の表面が滑らかで滑ってしまうので、猿が木に登ろうとしても滑り落ちてしまうということから、「猿滑(サルスベリ)」という名が付けられました。
実際には猿は簡単に登ってしまうようですが・・・。

国営昭和記念公園には、紅色、紫、白など、花色の違うサルスベリが園内各所に咲いています。
サルスベリ(百日紅、猿滑)

左下に薄紫、右へ濃いピンク、白、濃い紫と並んでいます。
サルスベリ(百日紅、猿滑)

サルスベリ(百日紅、猿滑)


サルスベリ(百日紅、猿滑)

サルスベリ(百日紅、猿滑)

サルスベリ(百日紅、猿滑)

サルスベリ(百日紅、猿滑)

サルスベリ(百日紅、猿滑)

サルスベリ(百日紅、猿滑)

紫色の花が散って、緑に映えます。 散った花びらもありますが、見頃は9月下旬頃まで続きます。
サルスベリ(百日紅、猿滑)



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2021/08/29/9416581/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.