Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

東京ディズニーシー ハロー、ニューヨーク!(Hello New York)2018年07月31日 10時41分12秒

東京ディズニーシーで7月10日から新しく始まったステージショー「ハロー、ニューヨーク!(Hello New York)」。
東京ディズニーリゾート35周年 “Happiest Celebration!”」期間中は、フィナーレでは35周年のテーマソング「Brand New Day」が流れ、ディズニーキャラクターたちが祝祭感を盛り上げます・・・・・
の、はずだったんですが・・・
「天候の影響によりショーは中止とさせていただきます」みたいな内容のアナウンスが。
「え~~!?」

TDR(東京ディズニーリゾート)では屋外のショーが中止になることが頻繁にあります。
これは、ゲストと出演者の安全確保のための対応で、TDR常連のゲストの人たちはよく理解しているので即納得して諦めるのですが、私のように数年に1回しか行かないような人や、初めて訪れた人たちにはとても残念なことです。

TDRの屋外ショーが中止になるのは主に3つの理由があり、雨、風、気温です。
TDR通の人たちは「雨キャン」「風キャン」「熱キャン」と言って楽しんでいるようですが、私はたまにしか行かないTDRで夜の花火が3回続けて強風のため中止になった経験があります。
運の悪いヤツです。

今年のように気温が異常に高い時にも中止になる場合があります。
「夢と魔法の王国」で夢の無い話ですが、ディズニーキャラクターたちも所詮は「着ぐるみ」です。中に入っている人は大変なんです。つい最近(7月19日)にも訴訟が行われました。

 天候不順による中止・中断の可能性がある場合は、開場待ちの列に並ぶ際にキャストから中止になる可能性があることを告げられますが、開場してゲストが観覧席に入ってから中止が決まる場合もあります。
以前、メディテレーニアンハーバーで行われる水上グリーティングショーを観覧席で待っていたら、開演10分くらい前に急に中止になったことがあります。雨も降っていないのに何故?と思っていたら、中止発表の15分位後にいきなり強い雨が降ってきました。
その時一緒にいた友人が過去に東京ディズニーシーのアトラクション運営スタッフをしていたことがあり、「屋外ショーの際には雨雲の動きや風速などの気象条件を詳細に観測していて、キャストの人たちがインカムでリアルタイムに共有できるシステムになっている」と言っていました。すごいな~!と納得した次第です。

中止が急に決まった場合は「ご挨拶バージョン」という特別バージョンを見ることができる場合もあります。本来のショーは見られませんが、特別の時しか見られないショーなので、かなり貴重なものになります。

「ハロー、ニューヨーク!」はアメリカンウォーターフロントのニューヨークエリアにある「ドックサイドステージ」で行われます。
天気は良かったのですが、S.S.コロンビア号という船の上から垂れ幕を垂らしたり、テープを飛ばしたりするので、今回は「風キャン」ではないかと思われます。
観覧席は満杯です。「ご挨拶バージョン」をやってくれました。
ミッキー、ミニー、ドナルド、デイジー、グーフィー、プルート、チップ&デールが登場して、「中止になってごめんね~!」みたいな感じで3~4分「ご挨拶」をしてから退場していきました。
ハロー、ニューヨーク!(Hello New York)

ハロー、ニューヨーク!(Hello New York)

ハロー、ニューヨーク!(Hello New York)

ハロー、ニューヨーク!(Hello New York)

ハロー、ニューヨーク!(Hello New York)

ハロー、ニューヨーク!(Hello New York)
ショーが中止になってもゲストを失望させない東京ディズニーリゾート。
「夢と魔法の王国」の裏には、運営スタッフやキャストたちの並々ならぬ努力があるようです。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

月食の際に起こる「ターコイズフリンジ」現象2018年07月31日 13時02分13秒

今年(2018年)7月28日未明に、今年2回目の皆既月食がありました。
今回は、関東地方では皆既月食になる時間に月が沈んでしまうという条件の上、天候も悪く見ることが出来ませんでしたが、最近、月食の際の「ターコイズフリンジ」という言葉が話題になっています。
これは、2007年5月4日にドイツで見られた皆既月食時の青色の光について、2008年2月13日にアメリカのNASAが提唱したのが始まりだと思われます。

皆既月食の際は月が赤銅色に見えます。
皆既月食
皆既月食は、月が地球の影になって太陽の光が当たらなくなった時に起こります。
その時、月に向かう太陽光は地球の周りの大気層にほぼ水平方向から入ってくることになります。そして、大気層を通過している間に波長の短い青色系の光はすっかり散乱されて弱まってしまい、波長が長く拡散されにくい赤色系の光だけが地球の反対側に屈折して抜けてくるのです。それで、赤い光だけが月に届くので赤銅色に見えます。
朝焼けや夕焼けもこのような光の波長による屈折率や拡散の影響で起こります。

「ターコイズフリンジ」という現象を起こすのは、オゾン層が原因だということです。
太陽光が大気圏の一部である成層圏の中のオゾン層を通過する時にオゾン層によって赤色が吸収され、残った青色が太陽光がほぼさえぎられた地球の影の縁に沿って映ることによって出現すると言われています。
天文が好きな方にはバカにされるような幼稚な説明ですが、私なりに解釈してみました。
分かりにくいと思います。すみません。

私の撮った写真ではよく分かりませんが、地球の影の縁の部分がうっすらと青緑色になっているのが確認できるかどうか・・・
ターコイズフリンジ
「ターコイズフリンジ」のターコイズは緑から青の色を持つトルコ石のことで、ターコイズ色という色の名前にもなっています。フリンジは房飾りを指すこともありますが、ここでは外縁のことです。

今回の皆既月食は関東地方からは見ることが出来なかったので、前回1月31日に撮影した写真を使いました。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

2018・7・31 火星大接近2018年07月31日 23時42分10秒

今日7月31日は、地球と火星が大接近する日です。
今日の地球と火星の距離は、午後4時50分に最接近した時に5,759万キロメートルまで近づきました。
火星の明るさは6月下旬から9月上旬頃までマイナス2等を超え、観察しやすい時期が長く続きます。
今日の火星は月の約77分の1の大きさに見えるということです。

午後10時頃、南東の空に赤い火星が大きく光っていました。
2018・7・31 火星大接近
火星が赤く見えるのは、NASAの探査機の調査によれば、地表の成分に酸化鉄が多く含まれているからだそうです。

露光量を多くすると火星は露出オーバーになって白く写ってしまいますが、快晴の空の中で多くの星が輝いています。他の星と比べると火星がかなり大きいのが分かります。
(写真をクリックして拡大して見て下さい)
2018・7・31 火星大接近
地球と火星の距離が近づく「最接近」は約2年2ヶ月ごとに起こります。次回の最接近は2020年10月6日で、最接近時の距離は6,207万キロメートルです。今回よりは遠い距離になります。
「大接近」に明確な定義は無いのですが、一般的に6,000万キロメートルより近づくと「大接近」というようです。
今回の大接近は5,576万キロメートルまで接近した2003年以来15年ぶりで、次回の大接近は17年後の2035年9月まで待たなくてはなりません。
私はすでに火星の近くのちっちゃな星になっているかもしれませんね。

ついでに今日の月も撮っておきました。月齢19.0です。 少し欠けています。
月


今日もご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.