Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

牡蠣三昧「Kinkawooka」2019年12月19日 12時02分25秒

今が旬の真牡蠣を食べに「キンカウーカ グリル&オイスターバー 横浜ベイクォーター店」に行ってみました。この店は、日本一のオイスターバーチェーン(株)ゼネラル・オイスターが運営するチェーン店です。
「Kinkawooka」とは、オーストラリア大陸と一部周辺島しょの先住民の言葉で「きれいな水」という意味だそうです。
海を見ながら食事ができるテラス席から見下ろすと、クリスマスツリーが輝いています。でも、この時期外は寒いので、テラス席はではなく室内のテーブル席にしました。


料理は、クリスマス期間限定(12/2~12/25)のクリスマスペアセット(要予約)にしました。二人分で税込8,690円です。

お通しです。

「スモーク牡蠣マリネとローストビーフのオイスターサラダ」です。トリュフ風味のドレッシングがかかっています。
クリスマスペアセット@キンカウーカ

「シーフードプラッター」です。
クリスマスペアセット@キンカウーカ
かなり大ぶりな岩手県赤崎産の牡蠣に、ぼたん海老とホタテ。
牡蠣は臭みや苦みが無く、つるっと口に入ってとろけます。自然な塩味がアクセントになります。
好みで使えるようにタバスコ、赤ワインビネガー、ポン酢、レモンフレーバーエクストラバージンオリーブオイルが用意されていますが、何もつけずに食べるのが一番です。

ところで、「プラッター」って何?
パソコンをやっている人はハードディスクの中の円盤を思い浮かべると思いますが、料理の世界では盛り合わせの大皿を指すようです。
英語では大皿をプレート(plate),小皿をディッシュ(dish),大型平皿をプラッター(platter),受皿をソーサー(saucer),灰皿や盆などをトレー(tray)と呼んで区別しているようです。言われてみれば、なるほど感もありますね。

「焼き牡蠣3種の盛り合わせ」です。
クリスマスペアセット@キンカウーカ
ウニと牡蠣醤油の焼き牡蠣、キノコの焼き牡蠣、香草ガーリックバターの焼き牡蠣の3種類です。
牡蠣は焼くことによってコクが増すようです。濃厚な味で、噛むと牡蠣のエキスが口の中にジュワッと広がります。
それぞれ違った味が楽しめますが、焼いた牡蠣だけでも充分美味しいと思います。

「牡蠣フライ」です。
クリスマスペアセット@キンカウーカ
大ぶりな牡蠣ですが、衣はもう少し薄くてもいいかなって・・・

「牡蠣とお魚のグラタン 」です。
クリスマスペアセット@キンカウーカ
お魚はサーモンです。バケットが付いていますが、ちょっとお腹一杯になってきました。
バケットに先ほどのレモンフレーバーエクストラバージンオリーブオイルを付けて食べると、レモンの香りもしてめちゃくちゃ美味しい!

「渡り蟹のトマトクリームソースパスタ」です。
クリスマスペアセット@キンカウーカ
トマトクリームソースですが、渡り蟹の味がしみ込んで、かに味噌のようなまったりとした味になっています。渡り蟹の身も濃い目の味で美味しい。

デザートは「ガトーショコラ ベリーソース バニラアイス添え」です。
クリスマスペアセット@キンカウーカ
デザートは普通に美味しい。大きなベリーがベリーグーです。コーヒーなどは付かないんですね。
因みにコーヒーは495円(税込)です。

生ビールやワインは649円(税込)からです。


今日もご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2019/12/19/9191177/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.