Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

せみのぬけがら2014年08月20日 10時18分07秒

毎年夏になると大量のセミの抜け殻で「抜け殻聖衣」を纏う「しょこたん(中川翔子)」が今年もやってくれました。
題して「夏の儚い風物詩 抜け殻聖衣」。「なつのはかないふうぶつし ぬけがらくろす」と読みます。
興味のある方は、8月6日付けの「しょこたん」のブログTwitterをご覧ください。

さて、こちらはグッと地味にたった1匹、アブラゼミの抜け殻です。
アブラゼミの抜け殻
あっ、もう1匹いました。ちょっと小さめで泥だらけなのですぐに分かります。ニイニイゼミですね。
ニイニイゼミ
しょこたんも泥だらけのニイニイゼミで抜け殻聖衣を作れば、さらに面白いのに・・・

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2014/08/20/7417904/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.