Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

ホテルヨーロッパ@ハウステンボス2018年04月19日 06時40分05秒

ハウステンボスのオフィシャルホテル「ホテルヨーロッパ(HOTEL EUROPE)」に泊まってみました。
シンボルタワーであるドムトールンの横、ハーバーゾーンにあるラグジュアリーなホテルです。
ホテルヨーロッパ@ハウステンボス
泊まったのは一番左の棟、街側 4階の「ヨーロッパデザイナールーム デラックス」です。
デラックスタイプだと街側(テーマパークゾーン側)・海側(ハーバータウン側)を選ぶことが出来、スタンダートタイプは四角く囲まれた内海側になります。
ホテルヨーロッパ@ハウステンボス

エントランスです。
ホテルヨーロッパ@ハウステンボス
夜は建物全体がライトアップされます。(パーク営業中の22時頃までだと思いますが)
ホテルヨーロッパ@ハウステンボス

ロビーでは四季折々の花が出迎えてくれます。私が行った時はチューリップで飾られていました。
ホテルヨーロッパ@ハウステンボス

ホテルヨーロッパ@ハウステンボス

四角く囲まれたホテルの中庭は内海になっていて、船が発着する桟橋もあります。
ホテルヨーロッパ@ハウステンボス
ホテル専用クルーザーでホテルに入るチェックインクルーズや、チェックアウトクルーズは無料です。
ホテルヨーロッパ@ハウステンボス
私は空港からホテルまで無料送迎バスを利用したので、14時発の「ホテルヨーロッパ宿泊者専用クルーズ」でハウステンボスを約20分間周遊しました。無料です。
ホテルヨーロッパ@ハウステンボス

ヨーロッパデザイナールーム デラックスの部屋です。
ホテルヨーロッパ ヨーロッパデザイナールーム デラックス

ホテルヨーロッパ@ハウステンボス
赤いソファがフワフワでリラックスできます。
ホテルヨーロッパ ヨーロッパデザイナールーム デラックス

照明もテーマが統一されていて、おしゃれです。
ホテルヨーロッパ ヨーロッパデザイナールーム デラックス

部屋からは正面にドムトールンを見ることが出来ます。
ホテルヨーロッパ@ハウステンボス ドムトールン
夜になるとドムトールンもライトアップされて、ゆっくりとその色が変わっていきます。
ホテルヨーロッパ@ハウステンボス ドムトールン


朝食はホテルヨーロッパ内のレストランを利用します。 
フレンチレストラン「DE ADMIRAAL(デ アドミラル)」の朝食セットメニューにしました。
このお店、ディナーでは男性はジャケット着用というドレスコードがあって、ジーンズにブルゾンの私にはちょっと気が引けるので、ブレックファーストでの利用です。
ホテルヨーロッパ DE ADMIRAAL(デ アドミラル)
アイオープナーのシャンパンをいただきながら、運河とデンマークの街並みが見える窓側の席でゆっくりと朝食を楽しむ事ができました。
ホテルヨーロッパ DE ADMIRAAL(デ アドミラル)

DE ADMIRAAL(デ アドミラル)の朝食セットです。
DE ADMIRAAL(デ アドミラル)の朝食
オムレツは、天然無添加の飼料を食べて産まれた「雲仙産・太陽卵」を使用した野菜入りオムレツで、ネットなどでも話題の逸品です。
DE ADMIRAAL(デ アドミラル)の朝食
地元九州の野菜を使ったサラダも新鮮でシャキシャキしています。
DE ADMIRAAL(デ アドミラル)の朝食
パンは6~7種類あって、食べ放題です。でも、朝からそんなには食べられません。
DE ADMIRAAL(デ アドミラル)の朝食
フレッシュジュース類と、コーヒー又は紅茶、デザートにヨーグルトが付きます。
DE ADMIRAAL(デ アドミラル)の朝食


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2018/04/18/8829040/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。