Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

ららぽーと横浜のフードコート「FOURSYUN」2019年08月12日 07時24分06秒

朝・昼を兼ねた食事を食べに ららぽーと横浜へ行きました。
ここのフードコート「FOURSYUN(フォーシュン)」は、一般的なフードコートとはちょっと違った高級感があります。
食事をする場所はソファー席やテーブル席、テラス席など約600席のゆったりとした環境です。
お店はそんなに多くないのですが、有名店11店が出店しています。

フードコート中央にオーダーカウンターが設置されていて、こちらで全店の注文ができるシステムになっているので、注文の為に各店個別に並ぶ必要はありません。
オーダーカウンターで全員の料理やドリンクをオーダーします。店ごとにポケベルのような呼出機が渡されるので、好きな席に座って料理が出来上がるのを待ちます。

料理が出来た順に店ごとに呼出器がなるので、そのお店のカウンターまで取りに行きます。量が多くて持ちきれないときは、すぐにスタッフが来て一緒に運んでくれます。

他のフードコートとは違って、食べ終わった食器類はそのままテーブルの上に放置しておけばスタッフが片付けてくれます。

私は、築地青空三代目の「7種の特上海鮮丼」にしました。税込1,890円。
築地場外市場の老舗魚卸問屋の三代目が手がけるお店です。
暑いので、「キリン一番搾り」(税込580円)も。今日は長男が運転手をしてくれるので、アルコールOKです。
FOURSYUN
赤海老、マグロ赤身、トロ、カンパチ、アジ、イクラ、ネギトロの7種。 酢飯には赤酢を使っています。マグロ(赤身・トロ)が美味しい!


次男は浅草今半の「肩ロースすき焼き膳」(税込1,980円)です。
FOURSYUN
フードコートでないお店で食べる時は「すき焼き」という感じで自分で「焼き」ながらいただけるのですが、フードコートではすでに焼きあがっているので、「すき煮」みたいになってしまっています。
良い香りが漂ってきます。春菊だけ貰いました(春菊が嫌いだからくれただけです)が、染み込んだタレの味が美味しい!


長男は世田谷宮川の「二色鰻重(松)」(税込3,100円)です。
FOURSYUN
長男はうなぎ大好きなくせに、肝が苦手です。肝吸いが付いているのですが、肝抜きにしてもらいました。当然ですが、セット料金なので肝を抜いても料金は同じです。
「肝だけ食べてあげるよ」と言っても、「お吸い物に肝の味が付くから嫌。」といいます。なるほど。

私と次男は世田谷宮川の「肝焼き」を1本ずつ。2本セットで税込750円です。
世田谷宮川の「鰻重」と「肝焼き」は一緒の注文になっているので必然的に一人の注文と考えられて、1つのトレーに乗せて渡されます。
お店の人は、「なんで肝吸いを肝抜きにして、肝焼きを食べるんだ?? 注文間違って受けていないか?」と、悩んだに違いありません。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2019/08/12/9140099/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.