Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

ジャイアントパンダ来日50年2022年10月28日 18時35分22秒

1972年10月28日に、オスのカンカン(康康 Kang Kang)とメスのランラン(蘭蘭 Lan Lan)が中国から上野動物園にやってきました。
1972年9月に日中共同声明を発表して日本国と中華人民共和国が国交を結んだことにより、日中友好のシンボルとして中国から贈られたものです。

現在上野動物園では、オスの「リーリー(力力、Li Li )」、メスの「シンシン(真真、Zhen Zhen )」、その子供の「シャンシャン(香香 Xiang Xiang)」、昨年6月23日に生まれた双子の「シャオシャオ(暁暁、Xiao Xiao)」(オス)、「レイレイ(蕾蕾、Lei Lei )」(メス)の5頭のパンダが飼育されています。


一番人気はやっぱり、双子の「シャオシャオ」と「レイレイ」です。
上野動物園のジャイアントパンダ・シャオシャオとレイレイ


パパパンダの「リーリー」です。
上野動物園のジャイアントパンダ・リーリー

上野動物園のジャイアントパンダ・リーリー


ママパンダの「シンシン」です。
上野動物園のジャイアントパンダ・シンシン

上野動物園のジャイアントパンダ・シンシン

お姉さんパンダの「シャンシャン」です。
上野動物園のジャイアントパンダ・シャンシャン

上野動物園のジャイアントパンダ・シャンシャン


双子パンダ、オスの「シャオシャオ」です。
上野動物園のジャイアントパンダ・シャオシャオ

上野動物園のジャイアントパンダ・シャオシャオ


双子パンダ、メスの「レイレイ」です。
上野動物園のジャイアントパンダ・レイレイ

上野動物園のジャイアントパンダ・レイレイ


今日はパンダ来日50年という特別な日なので、朝日新聞の「天声人語」も、『特別な日なので天声人語も僕が書きます』と言ってジャイアントパンダが書いていました。
その中で、
『なぜ人間はけんかばかりなのですか。肉食獣だった僕らの祖先は竹を食べるのに適応し、敵の少ない山奥の暮らしを選びました。知恵を絞って共存を目指した方がいいのでは』 (『 』内原文のまま引用)
とありました。
今や世界中が、核の恐怖や環境汚染に怯えながら暮らさなくてはならない時代になっています。
動物たちでさえ共存共栄の為に努力しているというのに、私たち人間が暮らす地球はいつまで生きていられるんでしょうか?
今年は日中国交正常化からも50周年です。平和の使者ジャイアントパンダに倣って、のんびり平和に生きていきたいものですね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2022/10/28/9536545/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2023 M-Hoshino All Rights Reserved.