Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

ドックヤード・プロジェクションマッピング THE NEW WORLD2014年03月04日 23時02分00秒

横浜ランドマークタワーに隣接するドックヤードガーデン。
これは、旧・横浜船渠(のちの三菱重工業横浜造船所)第2号ドックを復元・保存したもので、現在はイベントスペースやオープンテラスとして使われています。

1896年に竣工し、1973年まで造船所のドックとして使用されていました。
1997年12月に、「旧横浜船渠株式会社第二号船渠」の名称で国の重要文化財に指定されています。

因みに第1号ドックは「日本丸メモリアルパーク」として、練習帆船日本丸が係留展示され、2000年12月に「旧横浜船渠株式会社第一号船渠」として国の重要文化財に指定されています。

ドックヤードガーデンでは、2013年7月16日からプロジェクションマッピングを開催しています。
第2弾は2013年11月7日から12月25日まで「Happy Christmas featuring“Disney The Little Mermaid”」が開催されました。
第3弾は今年1月2日から、「THE NEW WORD」と題しクラシック音楽の世界的巨匠、ドヴォルザークをフィーチャー。
船を愛したと言われるドヴォルザークの名曲「新世界より」がオリジナルにアレンジされ、音楽とシンクロした映像世界が、ドックヤードならではの体感性をもって目まぐるしく展開します。

かつて造船所のドックであった独特の形状を活かし、高さ約10m・横幅約29mの船型の石壁に沿って映像を投影することにより、その世界に入り込んだような感覚が味わえる、屋外では日本初の“180度体感型プロジェクションマッピング”となっています。

まだ何も投影されていない石造りのドックです。
ドックヤード・プロジェクションマッピング THE NEW WORLD

-SECTION.1-
「新世界より」第4楽章の旋律に合わせてドックヤードの壁が動くオープニング。
空間全体がうごめくような感覚が味わえるブロックアニメーションです。
ドックヤード・プロジェクションマッピング THE NEW WORLD

ドックヤード・プロジェクションマッピング THE NEW WORLD

-SECTION.2-

第2楽章の旋律を、様々な音色の切り貼りによるカットアップという手法でアレンジ。
ピアノの鍵盤をはじめ様々なパターンのグラフィックが音楽とシンクロしながら展開します。

ドックヤード・プロジェクションマッピング THE NEW WORLD

ドックヤード・プロジェクションマッピング THE NEW WORLD

-SECTION.3-
第4楽章からピックアップした旋律をダンスビートリミックスした軽快な音楽とスピード感溢れる映像で、異次元空間のトンネルをジェットコースターにのって疾走するような体感性が味わえるセクションです。
ドックヤード・プロジェクションマッピング THE NEW WORLD

ドックヤード・プロジェクションマッピング THE NEW WORLD

ドックヤード・プロジェクションマッピング THE NEW WORLD

-SECTION.4-
トンネルを抜けると最終セクション、宇宙空間へ。
第4楽章のメインフレーズを、原曲の持つ壮大なイメージに合わせてアレンジしています。
異次元の旅の果てに「新しい世界」が姿を現すフィナーレへ向かいます。
ドックヤード・プロジェクションマッピング THE NEW WORLD

ドックヤード・プロジェクションマッピング THE NEW WORLD

3月中は19:00から1日に3回行なわれますが、上映スケジュールや観覧方法、整理券取得方法ついては主催者ホームページをご覧ください.

観覧には整理券が必要ですが、無料です。
上映開始30分前までに指定場所に集合となっていますが、今の時期は寒いからか、混雑時以外は5分前くらいでも入れてくれます。
但し、高さ10m分の階段を下りてドックの底まで行かなくてはならないので、最低5分は余裕を見たいものです。


第1弾の「YOKOHAMA ODYSSEY」が第17回文化庁メディア芸術祭のエンターテインメント部門「審査委員会推薦作品」に選出されたのを記念して、3月1日より再上映をしています。
3月1日以降は、「THE NEW WORD」に続いて「YOKOHAMA ODYSSEY」が上映されています。合計上映時間は約13分です。
何だか得した気分です。
もともと無料なんですけどね・・・
Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.