Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

ニホンライチョウ(日本雷鳥)2019年05月25日 22時22分22秒

3月15日から恩賜上野動物園で展示されているニホンライチョウ(日本雷鳥)が、4月に見た時と比べてこんなに真っ黒になっていました。
ニホンライチョウ(日本雷鳥)
暑い日が続いたから日焼けしたんでしょうか? そんなわけはありません。
夏毛に換羽している途中なんだそうです。
冬は雪の白さと見分けが付かないくらい真っ白になるのですが、春になると段々と黒い毛に代わってきます。
真冬になると茶色っぽくなると説明員の方が言っていました。
この個体はオスなので黒っぽいのですが、メスの方が茶色が強く出るそうです。
ライチョウ(雷鳥)
この展示室の中は外の気温に関係なく、ライチョウが生息する地帯の気候に合わせて温度や湿度を調整するようになっているので、自然に羽が生え代わるということでした。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2019/05/25/9076966/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.