Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

東京国立近代美術館「MOMATコレクション」2022年06月25日 15時00分25秒

今年12月1日に開館70周年を迎える東京国立近代美術館の所蔵作品展「MOMATコレクション」は、1室から12室までの展示室をテーマごとに分け、1800年代後半から今日に至る日本の近現代美術の流れを、国際的な関連も含めて紹介しています。

日本画、西洋画、彫刻、版画、写真を中心に、菱田春草、横山大観、黒田清輝から石内都(7月26日から展示)、ゲルハルト・リヒター、村上隆など、多様なジャンルにわたる作品200点以上で構成されています。

紹介しきれないので、詳細は公式ホームページをご覧ください。

今回は、展示されている中で、重要文化財に指定されている作品を紹介したいと思います。


原田直次郎 《騎龍観音》 1890年  油彩・キャンバス 寄託(護國寺蔵)


萬鉄五郎 《裸体美人》 1912年 油彩・キャンバス 八木正治氏寄贈


岸田劉生 《道路と土手と塀(切通之写生)》 1915年 油彩・キャンバス 文化庁管理換


和田三造 《南風》 1907年 油彩・キャンバス 文部省管理換


中村彝 《エロシェンコ氏の像》 1920年 油彩・キャンバス 大里一太郎氏寄贈


東京国立近代美術館 所蔵作品展「MOMATコレクション」開催概要
開催会場:東京国立近代美術館 本館所蔵品ギャラリー(4F-2F)
開催期間:2022年5月17日(火)-2022年10月2日(日)
休室日:月曜日 [2022 年7月18 日、9月19日は開館]、7月18日(火)、9月20日(火)
開館時間:10:00-17:00(金・土曜は10:00-20:00) *入館は閉館30分前まで
観覧料:  一般 500円  大学生 250円 
  ※ 5時から割引(金曜・土曜):  一般 300円  大学生150円
  ※高校生以下および18歳未満、65歳以上、「MOMATパスポート」をお持ちの方、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。(要証明書類)
  ※企画展「ゲルハルト・リヒター展」のチケットで、入館当日に限り所蔵作品展「MOMAT コレクション」も観覧できます。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2022/06/25/9503195/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.