Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

山形そば 湯房いちらく2012年04月17日 23時39分41秒

山形県天童温泉にある老舗旅館「桜桃の花 湯房いちらく」がプロデュースする山形そば専門店が「ららぽーと横浜」にある。

湯房いちらくの宿泊客に好評の「板そば」や「鶏そば」を横浜でも食べられる。
看板メニューは「つったい鶏そば」。「つったい」とは「冷たい」の山形弁。

「板そば」は四角いざるに入った「ざるそば」だが、見た目が彩り鮮やか、綺麗でかわいい。さすがに老舗旅館の心遣いが感じられる。

あれもかわいい、これも綺麗と選んでいるうちに目に入ったのがこの「ソースカツ丼」!
AKB48の中に超ぶっさいくなのが1人放り込まれたような存在に親近感を覚えて、これを食べるぞ!ってか、揚げ物大好きマヨラーの私がこれを見逃す手は無い。
ソースカツ丼
わらじの様なトンカツ2枚にマヨネーズたっぷり。丼からはみ出しているではございませんか。
トンカツは切っていないのでこのままかぶりつく。肉が柔らかいので簡単に噛み切れる。ワイルドだけど、味はマイルド。
東京のソースカツ丼とは全然違う上品な味。お汁の染みたご飯も、天丼のお汁をかけた様なトンカツソースっぽくない味がする。醤油じゃなくてソースなんだけど・・・って感じ。まいう~!

初めての店なので看板メニューの「つったい鶏そば」も食べてみなくては・・・ということで「つったい鶏そば(ミニ)」とのセットを注文した。セットで1,680円。
つったい鶏そば
「つったい鶏そば」はざるではなくて丼に入っている。えっ、温かいんじゃないの?
確かに、冷たいそばつゆが入っている。
恐る恐る食べてみると、これまた旨い!蕎麦には腰があって、お汁もだしが効いていて飲み干してしまうほどの美味しさ。

今度来た時はソースカツ丼はじっと我慢して、お蕎麦だけを食べてみよう。


[今日のつぶやき]
他のお蕎麦屋さんだけど、「ざる」が来る迄にお銚子1本飲み干して、蕎麦の先にちょっとだけお汁を付けながらズズッと4~5回で食べて帰って行ったおニイちゃんがいた。カッコいい。粋だね~!江戸っ子だね!  私には出来ないけど・・・

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2012/04/17/6416441/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.