Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

中秋の名月は満月じゃない?2020年10月02日 02時06分53秒

月々に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月  (よみ人知らず)

10月1日は中秋の名月でした。
仕事が終わって家に帰った時は日付が変わって午前0時を過ぎていたので、この写真を撮ったのは10月2日の午前0時30分頃です。
中秋の名月が必ずしも満月とは限らないって知っていますか?
私は昨年の中秋の名月の日にそれを知って、目からウロコ、鼻から牛乳でした。

国立天文台によると、『 中秋の名月とは、太陰太陽暦の8月15日の夜に見える月のこと 』を指すそうです。中秋の名月をめでる習慣は、平安時代に中国から伝わったと言われています。
太陰太陽暦では、新月(朔)の瞬間を含む日が、その月の朔日(ついたち)になります。今年は9月17日(新月の瞬間は20時00分)が太陰太陽暦の8月1日、10月1日が太陰太陽暦での8月15日となります。
一方、天文学的な意味での『 満月(望)は、地球から見て太陽と反対方向になった瞬間の月のこと 』を指します。満月の時刻は、10月2日6時05分です。
今年は10月1日が中秋の名月、翌2日が満月と、中秋の名月と満月の日付が1日ずれているということになります。
この様な理由で、中秋の名月=満月ではないということです。
因みに、2001年の中秋の名月は10月1日なのに、満月は10月2日の22時49分でした。丸々1日ずれています。
詳しく知りたい方は国立天文台の公式サイトへどうぞ。私にはチンプンカンプンですが・・・・



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2020/10/02/9301266/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.