Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

月のクレーター ティコ (Tycho)2020年10月02日 11時42分34秒


月の写真を見ると、放射状の光の筋を放つクレーターがいつも目につきます。(黒い矢印)
これは月面の南部に位置するクレーターで、名前は「ティコ (Tycho)」といいます。 デンマークの天文学者 ティコ・ブラーエ(1546~1601) にちなんで命名されました。

ティコは月の数あるクレーターの中でも非常に大きく、直径が85キロメートルもあります。
周囲は大小さまざまなクレーターで覆われ、古いクレーターに新しいクレーターが重なっているところもあります。また、周りにはいくつかの小さな2次的クレーターができています。
内部は高いアルベド(反射能=天体の外部からの入射光に対する、反射光の比)を持ち、太陽の光が当たると明るく輝いて、1500キロにも及ぶ光条(放射状の光の筋)を放ちます。


月のウサギさんはいつ見てもお餅をついていて、私たちの心を和ませてくれます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2020/10/02/9301344/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.