Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

六本木クロッシング2013「アウト・オブ・ダクト」 Vol.32013年10月02日 13時05分55秒

六本木クロッシング2013「アウト・オブ・ダクト」展の紹介3日目です。
今日は雨なので外出する気になれず、写真の整理をする時間が出来ました。
いくつかの作品をまとめて紹介したいと思います。
Vol.1はこちら
Vol.2はこちらです

会場内は意外と空いています。
入場料は1,500円かかりますが52階の展望台「東京シティビュー」と共通ですので、「東京シティビュー」に来たついでにタダだから入ってみようという気楽な気持ちで鑑賞してみてはいかがでしょうか。
音声ガイドも無料です。ぜひ借りることをお勧めします。
六本木クロッシング2013「アウト・オブ・ダクト

中村 宏 《基地》 1957年
六本木クロッシング2013「アウト・オブ・ダクト」《基地》
在日米軍群馬県相馬ヶ原演習地(当時)で、1957年1月30日に薬莢などを盗む目的で不法侵入した日本人主婦を在日米軍兵士ウィリアム・S・ジラードが射殺したという、ジラード事件を題材に制作されました。
後ろ向きにしゃがみ込んで薬莢を拾う主婦の姿と、空虚に光る兵士の目、黒光りする銃器が印象的です。

中村 宏 《観光独裁》 1965年
六本木クロッシング2013「アウト・オブ・ダクト」《観光独裁》
1964年の東京オリンピックを機に高度成長を遂げた日本。
観光客が見る外的世界とその記憶に刻まれる内的世界のサイトシーイングの風景を探究し、新旧の交通手段とエロティシズムを象徴するセーラー服、浮世絵などがダイナミックな構図で風景化されています。
2020年の東京オリンピックで高度成長は期待出来るのでしょうか?

丹羽 良徳
六本木クロッシング2013「アウト・オブ・ダクト」丹羽良徳
最近丹羽良徳が関心を持っている、共産主義の歴史についての作品が展示されています。

遠藤 一郎 《未来へ丸(模型)》
六本木クロッシング2013「アウト・オブ・ダクト」《未来へ丸》
遠藤一郎の新プロジェクト「RAINBOW JAPAN 3」に使用される「未来へ丸」の模型です。

金氏 徹平 《ゴースト・イン・ザ・リキッドルーム(レンチキュラー#3)》
六本木クロッシング2013「アウト・オブ・ダクト」《ゴースト・イン・ザ・リキッドルーム》

中平 卓馬 《無題》
六本木クロッシング2013「アウト・オブ・ダクト」中平卓馬
1960年代後半から「アレ・ブレ・ボケ」と呼ばれた斬新な写真表現で知られる森山大道らと一世を風靡した中平卓馬が近年撮影したカラー写真48点が展示されています。

満田 晴穂 《円寂》Enjaku 2013年
六本木クロッシング2013「アウト・オブ・ダクト」《円寂》
満田 晴穂 《幽明》Yumei 2013年
六本木クロッシング2013「アウト・オブ・ダクト」《幽明》
金属製の置物「自在置物」は、江戸中期頃から甲冑職人などの手で作られるようになりました。
金属そのものの色を使いながら卓越した技術によって写実性を追求し、竜、蛇、昆虫などの小さな関節まで自在に動かすことが出来ます。

《円寂》では死体を入れるはずの標本瓶とそこに留まるミカドカガンボ(帝大蚊)が生と死が交差した矛盾や両義性を表現しています。
《幽明》では、ヒガンバナ(彼岸花)に生きているかのようなジャコウアゲハ(麝香鳳蝶)を組み合わせて、死と毒性を象徴しています。

長くなってしまいました。この続きはまた明日。


このブログに掲載した展覧会の写真は「クリエイティブ・コモンズ表示・非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2013/10/02/6998480/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.