Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

「草間彌生 わが永遠の魂」展2017年03月29日 21時40分03秒

国立新美術館で「草間彌生 わが永遠の魂」展が開催されています。
これは、「ミュシャ展」と共に、国立新美術館開館10周年を記念して開催されている美術展です。

本展では、世界を舞台に活躍する前衛芸術家、草間彌生(1929年~)さんが2009年から精力的に取り組んでいる大型の絵画シリーズ「わが永遠の魂」のうち日本初公開作品約130点を中心に、初期から現在に至る創作活動の全貌を、約270点の作品によって総合的に紹介しています。

国立新美術館に入るとまず目に入るのが「木に登った水玉 2017」という作品。
美術館の敷地に足を踏み入れた瞬間から、草間彌生ワールドが広がります。
「草間彌生 わが永遠の魂」展

「草間彌生 わが永遠の魂」展

「草間彌生 わが永遠の魂」展

展覧会入口に掲げられた草間彌生さんの写真です。
「草間彌生 わが永遠の魂」展
会場に入ると、50メートルプールほどもある大展示室の、高さ5メートルの壁面を埋め尽くす絵画群に圧倒されます。2009年から取り組む連作「わが永遠の魂」約130点が並びます。
草間彌生さんは今でもこのシリーズを描き続けています。
「草間彌生 わが永遠の魂」展
「真夜中に咲く花」「明日咲く花」(2016年)などのミクストメディアも展示されています。
「草間彌生 わが永遠の魂」展

真っ白な部屋の中に来館者が水玉のシールを貼る参加型アート「オブリタレーションルーム」へは「草間彌生展」の入場券を見せると参加できます。
「草間彌生 わが永遠の魂」展
既に室内は水玉でいっぱいになっていて、本来の白い部分は殆ど見えなくなっています。
「草間彌生 わが永遠の魂」展

屋外展示されている「南瓜」(2007年)の前では記念撮影をする人が後を絶ちません。
高さ4.5m、幅5mの巨大水玉カボチャです。
南瓜

草間彌生さん88歳の誕生日、3月22日には来場者にHAPPY BIRTHDAYカードが配られました。
「草間彌生 わが永遠の魂」展

音声ガイド(税込み550円、約35分)はおススメです。
草間彌生さん本人が創作にかける想いや制作秘話を語ります。自作詩の朗読や歌声も聴くことが出来る豪華版です。

草間彌生 わが永遠の魂」展 開催概要

展覧会名:国立新美術館開館10周年 草間彌生 わが永遠の魂
展覧会場:国立新美術館 企画展示室 1E
開催期間:2017年2月22日(水)~5月22日(月)
開館時間:午前10時~午後6時
       ※毎週金曜日、4月29日(土)-5月7日(日)は午後8時まで
       ※入場は閉館の30分前まで
休館日:毎週火曜日 ※ただし、5月2日(火)は開館
観覧料:一般1,600円 大学生1,200円 高校生800円 中学生以下無料 
       ※障がい者とその付き添いの方1名は無料

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為、よろしくお願いします。

去年の流行語大賞・年間大賞は? ※答えは「神ってる」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2017/03/29/8425473/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。