Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

源平咲の梅2017年03月01日 12時19分14秒

東京都立の神代植物公園で源平咲の梅の花が咲いています。
輪違い(りんちがい)
1本の木の中で紅・白の咲き分けをするものを「源平咲(げんぺいざき)」と言います。桃の花によく見られます。
源平の戦いの旗印が源氏(げんじ)の旗が白、平氏(へいし)の旗が赤だったことから、このように咲く花を例えて呼んでいるようです。

源平咲の梅では「思いのまま」という品種がよく知られていますが、神代植物公園ではそれ以外の梅も咲いていました。

「輪違い(りんちがい)」
輪違い(りんちがい)
「思いのまま」は「輪違い」の別名になります。神代植物公園では「輪違い」としています。
輪違い(りんちがい)
野梅性(細枝小葉中輪花)の遅咲き品種です。花は八重咲きで白、淡紅色、白地に吹きかけ絞りと咲き分けます。
輪違い(りんちがい)

「日月(じつげつ)」
日月(じつげつ)
「日」が太陽で赤、「月」が白といった咲分けの性質が名前の由来といわれます。
野梅系・野梅性の一重咲きの中輪です。

無類絞り(むるいしぼり)
無類絞り(むるいしぼり)
名前の由来は「他に類のない美しい絞り」という意味から来ています。
無類絞り(むるいしぼり)
野梅系・野梅性の八重咲きの大輪で、波打っている白い花弁に桃色が交じります。

もうすぐひな祭りです。桃の花ではありませんが、めでたい紅白の花を見ることが出来ました。

梅にメジロ2017年03月02日 12時28分08秒

神代植物公園で咲いている梅の花の蜜を求めて、メジロがやってきました。
梅にメジロ
輪違い(思いのまま)、杏性、白加賀などの梅の木の間を、せわしなく渡り歩いていきます。
梅にメジロ

梅にメジロ

梅にメジロ

梅にメジロ

梅にメジロ

梅にメジロ
ヒヨドリは、たまにメジロに体当たりするように飛んで威嚇します。
ヒヨドリ
ヒヨドリが姿を見せると、メジロたちはいつの間にかいなくなっていました。

神代植物公園の梅2017年03月03日 19時03分03秒

東京都調布市にある都立神代植物公園では、早咲きから遅咲きへ、梅の見頃が続いています。

塒出錦(とやでにしき)
塒出錦(とやでにしき)

塒出錦(とやでにしき)

白滝枝垂(しらたきしだれ)
白滝枝垂(しらたきしだれ)

杏性(あんずしょう)
杏性(あんずしょう)

杏性(あんずしょう)

杏性(あんずしょう)

月の桂(つきのかつら)
月の桂(つきのかつら)

紅千鳥(べにちどり)
紅千鳥(べにちどり)

紅千鳥(べにちどり)

紅千鳥(べにちどり)

白加賀(しろかが)
白加賀(しろかが)

緑萼(りょくがく)
緑萼(りょくがく)

緑萼(りょくがく)

薄色縮緬(うすいろちりめん)
薄色縮緬(うすいろちりめん)

見驚(けんきょう)
見驚(けんきょう)

見驚(けんきょう)

冬至(とうじ)
冬至(とうじ)

冬至(とうじ)

古郷の錦(こきょうのにしき)
古郷の錦(こきょうのにしき)


神代植物公園 基本情報
開園時間
午前9時30分~午後5時(入園は午後4時まで)
休園日
毎週月曜日(月曜日が祝日にあたる場合は、その翌日)
年末年始(12月29~翌年1月1日)

入園料
一般・大人 500円(団体割引あり)
65歳以上 250円(団体割引あり)
中学生 200円(都内在住・在学の中学生は無料)
小学生以下無料

※身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳または療育手帳持参の方と付添の方は無料
※無料公開日 みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)

股のぞき2017年03月06日 21時21分21秒





クリスマスローズ2017年03月07日 15時36分39秒

クリスマスローズと呼ばれる花です。
クリスマスローズという名前なのに、なぜ今頃咲くのでしょう?
本来、「クリスマスローズ(christmas rose)」はヘレボルス・ニゲルという種類の植物の英名です。日本ではヘレボルス(ヘレボラスともいう)全体をクリスマスローズと呼んでいますが、ヘレボルスには多くの種類があり、12月に開花し始める早咲きのものもありますが、多くはクリスマスには咲かず1月以降に開花します。
花に見える部分は、植物学上では花ではなく萼片という部分で、花は蜜を分泌する器官「蜜線」として残っているという事です。

成城石井プロデュースのワイン・バー[Le Bar à Vin 52」2017年03月08日 14時22分11秒

この店は成城石井がプロデュースしているワイン・バーで、「52」は「1年52週、極上フードと選りすぐりワインをデイリーに楽しんでほしい」という意味が込められているとのことです。
サンカンドゥは52のフランス語読みです。サンカント(cinquante)=50 とドゥ(deux)=2 の組み合わせで、52=サンカンドゥ(cinquante deux)と読みます。

成城石井は1927年に食品店として東京都世田谷区成城で創業し、高級食材が揃うスーパーマーケットとして有名なお店です。現在の本社は横浜駅西口近くにあります。

成城石井プロデュースだけあって食材の質が良く、食材の特徴を生かした料理がとても美味しく作られています。
海に面した「横浜ベイクォーター」というショッピングモール3階にある横浜ベイクォーター店は、潮風を感じながら食事をすることが出来ます。
お客さんは殆どが女性のグループで、日によっては予約で満席になってしまいます。

テーブルチャージで「成城石井パンの盛り合わせ」です。税込324円。2種類のオリーブオイルで頂きます。
Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO
これは、注文しなくても突き出される「突き出し」です。「お通し」とも言いますね。
何も出さずにテーブルチャージ(席料)だけ取る店もあるので、良心的ではあります。パン、美味しいし。

このお店は週替わりで一部メニューが変わります。
3月6日からの新メニュー「長崎県産“ゆめのか”イチゴとフォアグラ入りパテドカンパーニュのアミューズ」です。税込518円。
Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO

サラダは「まるごとロメインレタスの焼きシーザーサラダ 16ヶ月熟成グラバタダーノを削って」。
Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO
ロメインレタスを縦半分に切って丸ごと使って焼いています。自家製のシーザードレッシングと挽き立ての黒胡椒、グラナパダーノを重ね、生ハムをのせてオーブンで焼き上げたホットサラダです。ナイフで切ってから上に乗った半熟玉子を絡めて頂きます。
他のレタスとは違って熱に耐性のあるロメインレタスの特徴を生かした料理です。
「チーズはお好きですか?」と聞かれたので「大好きです」と答えたら、降り積もる白雪の様にたっぷりと削ってくれました。生ハムとか、玉子とか、何も見えなくなってしまいました。

「フランス産カマンベールチーズの丸ごと焼きチーズフォンデュ 三浦野菜と季節野菜添」です。
Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO
カマンベールチーズを豪快に丸ごと焼き上げています。三浦半島の青木農園から直送してもらう三浦野菜と季節野菜にチーズを絡めて頂きます。税込1,814円。
チーズが冷えてしまったら温めなおしてくれます。

「スペイン産フォアグラとリンゴのソテー イタリアモデナ産バルサミコソース」。税込1,058円。
Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO
フォアグラは成城石井がスペインから直輸入しているものだそうです。
リンゴとバルサミコソースの絡みも絶品!

「Le Bar à Vin 52特製お肉料理3種グリル盛り合わせ」。税込3,218円。
Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO
国内産黒毛和牛のランイチ肉(下左)、下田さん家の豚(上)、徳島県産すだち鶏(右)の盛り合わせです。ワンプレートで牛肉、豚肉、鶏肉が楽しめます。
ランイチは牛の部位、ランプとイチボの総称です。脂が少なく柔らかくて肉の旨みが楽しめる希少部位です。
下田さん家の豚。下田さんって誰?
鶏肉は柔らかくてびっくりするくらい美味しい。

スタッフの対応も、丁寧な中にフランクな感じもあって、聞けば料理についてしっかりと説明してくれます。
「Le Bar à Vin 52 AZABU TOKYO」。女性に人気のある理由が分かるお店です。


【雲竹斎の今日の薀蓄】

久し振りじゃのう・・・雲竹斎じゃ。
少しの間眠っておったので名前を忘れてしまった人も多いと思うのじゃが、ウンチクサイじゃ。
今日のウンチクは「下田さん家の豚(しもださんちのぶた)」についてじゃな。
「下田さん家の豚」は、群馬県産の三元交配豚を、豚肉作りに携わり80年の下田畜産(武蔵村山市)が育て上げた三元豚なんじゃ。

豚種としては一般的な三元交配であるLWD(ランドレース・大ヨークシャー・デュロック)じゃが、麦、芋、マイロと100%植物性の飼料を与えて育てているとの事で、脂質が良い、獣臭がしない、柔らかい、などの特長があるそうじゃ。
過去に農林水産大臣賞6回、東京都知事賞5回受賞という輝かしい経歴も持っているんじゃな。 

2012年11月07日付の「西多摩経済新聞」の記事も参考になるぞよ。

横浜からダイヤモンド富士2017年03月09日 20時58分56秒

今日、横浜ランドマークタワー69階の展望フロア「スカイガーデン」からダイヤモンド富士を見ることが出来ました。
ダイヤモンド富士
横浜上空は青空が広がっていますが、富士山方向には雲があります。
17時26分頃、富士山頂にオレンジ色の太陽が沈んでいきました。
ダイヤモンド富士
横浜方面からは、11日(土)にマリンタワーから見ることが出来ます。
晴れていればですが・・・

日没2017年03月10日 18時16分03秒






甍の波2017年03月11日 19時23分04秒



くまモン フラワーフォトスポット2017年03月13日 19時20分54秒

横浜ランドマークタワーで「LANDMARK PLAZA Flower Festival」が開催されています。
ランドマークプラザ3階の「風の灯台」には、春のお花で彩られた「くまモンフラワーフォトスポット」が登場。
ハートの形の花を持ったくまモンが迎えてくれます。(パネルです)
くまモンが抱えるハートに敷き詰められたお花は毎週入れ替わり、様々な春の表情を楽しめます。
4月9日(日)まで展示されます。
フォトスポットになっているので、綺麗に飾られた花や、くまモンと一緒に写真を撮ることが出来ます。

ランドマークプラザ1階のサカタのタネ ガーデンスクエアや、クイーンズスクエア横浜2階 クイーンモールでは、色とりどりのお花が敷き詰められた「みなとみらい2050プロジェクト みなとみらい花ひろば」を3月18日(土)から20日(月・祝)まで開催します。(7:00~24:00)

また、4月9日(日)までの週末にランドマークプラザ内で1,000円以上の買い物をした人を対象に、「春のお花」がプレゼントされます。
開催日時:2月25日(土)~4月9日(日) 11:00~18:00 ※土・日のみ、なくなり次第終了
開催場所:ランドマークプラザ1階 サカタのタネ ガーデンスクエア
※ランドマークプラザ館内店舗の購入レシート(当日のみ、税込1,000円以上)を提示
※各日先着300名
※レシートの合算不可
※1人1日1回のみ