Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

ゴッホ「ひまわり」所蔵「SOMPO美術館」開館!2020年07月10日 18時01分55秒

5月23日に開館予定だった「SOMPO美術館」が、コロナ禍による開館延期を経て、今日7月10日にやっと開館の運びとなりました。
SOMPO美術館
「SOMPO美術館」は、東郷青児から自作156点と東郷が収集した国内外の作品約200点の寄贈を受けた安田火災が財団法人安田火災美術財団を設立し、1976年7月に新宿西口にある安田火災海上本社ビル(現・損保ジャパン本社ビル)42階に「東郷青児美術館」として開設したのが始まりです。
「東郷青児美術館」はその後、会社の経営統合などと共に「安田火災東郷青児美術館」、「損保ジャパン東郷青児美術館」、「東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館」、と改名を繰り返してきましたが、2020年4月1日から「SOMPO美術館」という名称になっています。
以前に比べてすっきりした名称で、親しみやすくなりました。

損保ジャパン本社ビル42階の施設では所蔵作品の常設展示や管理が手狭になったことから2020年3月1日で42階施設での展示を終了し、同ビル敷地内に新たに建設した地上6階・地下1階の美術館施設が「SOMPO美術館」という新名称と共に5月に開館する予定でしたが、コロナ禍のため今日まで延期されていました。
SOMPO美術館
新しい美術館は1、2階がカフェやミュージアムショップ、エントランスホールで、3~5階が展示スペース、6階が事務所および応接室という構成になっています。
入館受付が終わるとまずエレベーターで5階まで上がり、そこから4階~3階と下りてきて、2階のミュージアムショップやカフェに立ち寄るという形になります。
SOMPO美術館

SOMPO美術館
当初予定していた「開館記念展Ⅱ 秘蔵の東郷青児」の開催を中止し、「開館記念展Ⅰ 珠玉のコレクション」の名称を、開館記念展「珠玉のコレクション-いのちの輝き・つくる喜び」に改めて、今日から開催されています。
本展では、同館のコレクション約630点の中でもとくに際立つ優品を集め、同館開館のきっかけとなった東郷青児の作品はもちろん、ゴーギャンやセザンヌ、ユトリロ、ルノワール、ゴッホをはじめ、日本画壇の重鎮である東山魁夷や平山郁夫など、珠玉の名品が公開されています。
さらに、同館が2012年度から行っている新進作家顕彰事業「FACE」のグランプリおよび優秀賞の受賞作家も紹介されています。
日本画、山口華楊(かよう)の大作《葉桜》は修復の後約10年ぶりの公開となるほか、ルノワールの《浴女》は、表面の古いニスを除去する保存修復作業により、本来の明るい色彩を取り戻した姿で展示されています。

展覧会は
第1章:「四季折々の自然」
第2章:「『FACE』グランプリの作家たち」
第3章:「東郷青児」
第4章:「風景と人の営み」
第5章:「人物を描く」
第6章:「静物画─花と果物」
の6章で構成されています。

1987年3月、当時の安田火災が、イギリス・ロンドンで行われたクリスティーズ主催のオークションで目玉として出品されたゴッホの「ひまわり」を39,921,750ドル(当時の為替レートで約58億円)で落札しています。
ゴッホは生涯で7枚、花瓶に生けられたひまわりの絵を描いていますが、「ひまわり」として5番目の作品になります。現在日本で所有されているゴッホの「ひまわり」はこの1点のみです。
ゴッホ「ひまわり」
上の写真は「SOMPO美術館」入口に展示されている「ひまわり」の陶板作品です。(上から2番目の写真の中に写っているものです。)
大塚オーミ陶業(株)で2020年1月に制作されました。

10月18日まで「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」が、東京・上野にある国立西洋美術館で開催されていますが、そこにもゴッホの「ひまわり」が展示されています。こちらは、「ひまわり」として4番目の作品です。今なら本物のゴッホの「ひまわり」2作品を東京で見ることが出来ます。
「SOMPO美術館」の「ひまわり」は所蔵品なので、開館していればいつでも常設展で鑑賞することが出来るそうです。

展示風景です。

手前の絵は、ポール・ゴーギャン 《アリスカンの並木道、アルル》
ポール・ゴーギャン《アリスカンの並木道、アルル》

ピエール=オーギュスト・ルノワールの《帽子の娘》と《浴女》です。
ピエール=オーギュスト・ルノワール《帽子の娘》&《浴女》

ピエール=オーギュスト・ルノワールの《帽子の娘》をアップにしてみました。展示会場は空いているので、ゆっくりと鑑賞することが出来ます。

ピエール=オーギュスト・ルノワールの 《浴女》 は、、表面の古いニスを除去する保存修復作業によって、本来の明るい色彩を取り戻したということです。
ルノワール《浴女》
修復作業の解説や、修復前の作品と修復後の作品を比較した写真も展示されています。

ポール・セザンヌ 《りんごとナプキン》 は、真っ赤な壁面にスポットライトを浴びて展示されていました。
ポール・セザンヌ《りんごとナプキン》

ポール・セザンヌ《りんごとナプキン》

日時指定入場制なので、事前に日時指定チケットの購入が必要です。
ちょっと面倒ですが、入場人数が制限されているのでゆっくりと鑑賞することが出来ます。

開催会場:SOMPO美術館
開催期間:2020年7月10日(金)〜2020年9月4日(金)
休館日:月曜日  ※ただし2020年8月10日は開館
開館時間:10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
観覧料金:一般 1,000円  大学生 700円  高校生以下 無料
日時指定入場制なので、入場には予めチケットの購入が必要です。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2020/07/10/9266713/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.