Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

百段階段「清方の間」 ホテル雅叙園東京2020年07月26日 09時24分05秒

ホテル雅叙園東京にある「百段階段」は99段の階段が7つの部屋を繋いでいます。 下から「十畝の間」、「漁礁の間」、「草丘の間」、「静水の間」、「星光の間」、「清方の間」、「頂上の間」になります。 階段で結ばれた各部屋はそれぞれ趣向が異なり、各部屋の天井や欄間には、当時屈指の著名な画家達が創り上げた美の世界が描かれています。

百段階段」、「十畝の間(じっぽのま)」「漁礁の間(ぎょしょうのま)」「草丘の間(そうきゅうのま)」「静水の間(せいすいのま)」「星光の間(せいこうのま)」に続いて、今日は「清方の間」です。

百段階段「清方の間」 ホテル雅叙園東京

百段階段「清方の間」 ホテル雅叙園東京

この部屋は、近代日本画の巨匠「鏑木清方(かぶらぎ きよかた)が手掛けた部屋です。
百段階段「清方の間」 ホテル雅叙園東京


床の間がある本間の欄干には、「四季美人図」が描かれています。
百段階段「清方の間」 ホテル雅叙園東京

床の間の上は歌舞伎の演目で春の花見が舞台となる「娘道成寺」、その左の欄間には「夏の蛍狩り」、更にその左には「秋の愁い」、その左には「雪しぐれ」と題し、雪の中を歩く美人が描かれています。美人図を得意とした鏑木清方の真骨頂ともいえる大作です。
床柱には北山杉天然出総丸太が使われています。
百段階段「清方の間」 ホテル雅叙園東京

百段階段「清方の間」 ホテル雅叙園東京

百段階段「清方の間」 ホテル雅叙園東京

百段階段「清方の間」 ホテル雅叙園東京


控えの間には目黒に残る江戸の風情を題材にした絵が描かれ、清方の絵を通じて目黒の町の歴史と魅力を感じることが出来る空間となっています。
百段階段「清方の間」 ホテル雅叙園東京

百段階段「清方の間」 ホテル雅叙園東京

百段階段「清方の間」 ホテル雅叙園東京
この絵は左から、祐天寺の開祖・祐天上人が幼い頃、夢に不動明王が現れたという伝説から「祐天不動」。
中央には目黒に住んだ歌舞伎俳優・9代目市川団十郎。
右にはその昔目黒川に架かっていた石造りの「太鼓橋」が描かれています。
百段階段「清方の間」 ホテル雅叙園東京

百段階段「清方の間」 ホテル雅叙園東京


百段階段「清方の間」 ホテル雅叙園東京


明日は、百段階段で7つある部屋の一番上、「頂上の間」です。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2020/07/26/9271900/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.