Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

百段階段「漁礁の間」 ホテル雅叙園東京2020年07月22日 08時05分11秒

ホテル雅叙園東京にある「百段階段」は99段の階段が7つの部屋を繋いでいます。
下から「十畝の間」、「漁礁の間」、「草丘の間」、「静水の間」、「星光の間」、「清方の間」、「頂上の間」になります。 階段で結ばれた各部屋はそれぞれ趣向が異なり、各部屋の天井や欄間には、当時屈指の著名な画家達が創り上げた美の世界が描かれています。 

百段階段」、「十畝の間(じっぽのま)」に続いて、今日は「漁礁の間(ぎょしょうのま)」です。
百段階段「漁礁の間」 ホテル雅叙園東京

百段階段「漁礁の間」 ホテル雅叙園東京

百段階段「漁礁の間」 ホテル雅叙園東京

百段階段の部屋の名称は揮毫した画家の名前が多いのですが、この部屋は床柱に彫られた中国の画題「漁礁問答」に由来しています。
百段階段「漁礁の間」 ホテル雅叙園東京
「漁礁問答」の「漁」は漁師、「礁」は木こりのことで、左の柱に漁師、右の柱に木こりの姿が彫られています。
百段階段「漁礁の間」 ホテル雅叙園東京
床柱は共に樹齢約300年のヒノキで、1本の木から彫り出してつくられています。
百段階段「漁礁の間」 ホテル雅叙園東京
この部屋の彫刻は全て、尾竹竹破(おたけ ちくは)という画家の絵をもとに、盛鳳嶺(さかり ほうれい)という彫刻家が掘りだしたものです。

百段階段「漁礁の間」 ホテル雅叙園東京

欄間には、平安時代の貴族の五節句が描かれています。
五節句の「節」というのは、唐時代の中国の暦法で定められた季節の変わり目のことで、人日(じんじつ 正月七日)、上巳(じょうし 三月三日)、端午(たんご 五月五日)、七夕(たなばた 七月七日)、重陽(ちょうよう 九月九日)です。
百段階段「漁礁の間」 ホテル雅叙園東京

百段階段「漁礁の間」 ホテル雅叙園東京

明日は一つ上の「草丘の間(そうきゅうのま)」へ行きます。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2020/07/22/9270568/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.