Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

武田双雲 《希望 HOPE》2020年08月24日 11時29分14秒

東京メトロ・明治神宮前駅の白い壁に力強く描かれた墨のアート。
武田双雲 《希望 HOPE》
書道家・武田双雲(たけだ そううん)の 《希望 HOPE》 という作品です。

高さは2.7メートル、幅10メートルという、壮大な書道アートです。
2008年の副都心線開業時に、池袋から渋谷駅までの間の8駅に14作のパブリックアートが設置されましたが、そのうちの一つになります。

「希望」という漢字を解体し、全ての点と線を恒星と惑星、原子核と電子に見立てて再構成しているといいます。
「壮大な観点から見れば悩みなんてちっぽけなもの。地下鉄駅を行き交う人たちを、あったかい希望の灯火で癒やしたかった。」 と武田双雲氏が語るように、宇宙の広がりの中に「希望」を見いだせる作品となっています。
武田双雲 《希望 HOPE》

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2020/08/24/9281686/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.