Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

森美術館 建築の日本展2018年05月02日 10時03分30秒

六本木ヒルズ・森美術館15周年記念として、森タワー53階の森美術館で「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」が開催されています。
建築の日本展

建築の日本展
日本は、明治維新からの150年間、大いなる建築の実験場でした。幾多の実践のなかで、日本の成熟した木造文化はいかに進化したのでしょうか。西洋は日本の建築にどのような魅力を見いだし、日本建築はそれにどう向き合ったのでしょうか。
本展では、古くは縄文時代の住居から、現在進行中のものや未来の計画案を含む最新の現代建築まで100プロジェクトを、総数400点を超える展示資料で紹介しています。

本展は、日本の建築を読み解く鍵と考えられる特質から、以下の9つの章で構成されています。
1. 可能性としての木造
2. 超越する美学
3. 安らかなる屋根
4. 建築としての工芸
5. 連なる空間
6. 開かれた折衷
7. 集まって生きる形
8. 発見された日本
9. 共生する自然


北川原温《ミラノ国際博覧会2015日本館 木組インフィニティ》
「ミラノ国際博覧会2015日本館」のために制作された「立体木格子」と称する木組みを再現しています。
建築の日本展
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。


国宝 《待庵(たいあん)》
千利休の作と伝えられ、現存する茶室建築としては日本最古の国宝《待庵》(京都府・妙喜庵)は、「わび」の思想を空間化したもので、日本文化を語る上で欠くことのできない建築の一つです。
この展示では原寸スケールで再現し、二畳の茶席やにじり口(出入口)でよく知られる極小空間を実際に中に入って体感することが出来ます。
国宝《待庵(たいあん)》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。


《ブックラウンジ》 丹下健三研究室《香川県庁舎間仕切り棚》ほか
建築の日本展
剣持勇や長大作など戦後のモダニズム建築を彩ってきたデザイナーによる名作家具は、美術館に収蔵されているものも多く、通常、展覧会で展示されても手に触れることはできません。
本展では、今なお現役で使用されているこれらのオリジナルの家具を集め、実際に座ることができるラウンジを展示室内に設けています。
建築の日本展
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。


丹下健三 《住居(丹下健三自邸)》模型
丹下健三が、桂離宮など日本の古建築を再解釈し、建築の新たな創造の可能性を拓いた《自邸》(現存せず)を1/3の模型で再現しています。
建築の日本展
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。


齋藤精一+ライゾマティクス・アーキテクチャー《パワー・オブ・スケール》

 ライゾマティクスを率いるクリエイティブ・アーティスト齋藤精一は、コロンビア大学建築学科で学び、建築で培ったロジカルな思考と知見をもとに創作するメディアアートで知られています。
最新技術のレーザーファイバーと映像を駆使し、日本建築の空間概念を大小さまざまなスケールで原寸再現し、そのダイナミズムを3Dで体感する体験型インスタレーションです。
《Powerof Scale》は、建築空間のスケールを実寸で体験することを目的にしています。実物のスケールにこだわり、歴史的建造物や立ち入ることが出来ない建物、身の回りに存在する様々な空間が映像とレーザーファイバーによって再構築されています。
建築の日本展

建築の日本展

建築の日本展
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
.
.
建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」開催概要
開催会場:森美術館六本木ヒルズ森タワー53階)
開催期間:2018年4月25日(水)~ 9月17日(月)
開館時間:10:00~22:00(最終入館 21:30)
       ※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)
       ※「六本木アートナイト2018」開催に伴い、5月26日(土)は翌朝6:00まで開館延長(最終入館 5:30)
入館料金:一般 1,800円 学生(高校・大学生)1,200円 子供(4歳~中学生)600円 シニア(65歳以上)1,500円
       ※5月18日(金)「国際博物館の日」は一般の入館料が1,800円→1,700円になります。(対象は一般のみ。他の割引との併用はできません。)
       ※森美術館入館券で室内展望フロア「東京シティビュー」にも入場出来ます。

.
.
.
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2018/05/02/8840263/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。