Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

上野動物園のモノレール存続の危機!2019年02月01日 17時59分30秒

1882年3月20日に開園した東京都恩賜上野動物園は開園から136年余りがたつ日本最古の動物園です。
上野動物園の東園から西園に行くには「イソップ橋」を渡りますが、そのルートに沿ってモノレールが走っています。こちらも日本最初のモノレールで、正式名称を「上野懸垂線」といいます。
当時「未来の乗り物」として注目されていたモノレールを、1957年12月に上野動物園で実験的に開業しました。
このモノレールは動物園の遊技施設ではなく、鉄道事業法に基づく交通機関として東京都交通局の運営により営業運転を行っています。
東園⇔西園は331メートルで、約1分半で結びます。
料金は中学生以上120円、2歳以上80円と利用しやすい価格になっています。

東京都は1月23日に、このモノレールの運行を11月から休止すると発表しました。
いまの車両は4代目で、2001年5月から運行しています。
1本のアームでレールにぶら下がる国内唯一の特殊な車両で車体のひずみが出やすく、他のモノレールとは全く互換性がないといいます。
老朽化が進んでいるうえ、新車両の製造に2両(連結)で計約18億円かかり、運行を続けるには、将来的にさらに電気系統の更新などで10億円以上の経費が必要だといいます。
都は将来的にモノレールの運行を再開するか、別の交通手段に変えるかは都民や有識者の意見を聞きながら検討すると言っています。

さて、1月23日に11月から運行休止すると発表した翌日の1月24日、この大切な車両が車両故障を起こしてしまいました。
本日、2月1日時点でもモノレールは運行されていません。最悪の場合、このまま11月を迎えてしまうのではないでしょうか?

モノレールの下では、ジャイアントパンダや、以前イソップ橋の袂で展示されていたレッサーパンダ(今は展示休止中)が入る「パンダのふるさとゾーン(仮称)」の建設工事が進んでいます。
2020年3月に完成する予定です。

注)モノレールの写真(2点)は1月8日に撮影したものです。
  その他の写真(看板など)は今日2月1日に撮影しました。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2019/02/01/9031252/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.