Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

多摩川土手の河津桜2019年02月24日 07時55分20秒

河津桜の本場、静岡県賀茂郡河津町の河津桜は満開ですが、多摩川の河口から15キロ位上流の土手に咲いている河津桜は、まだまだ2分~3分咲き位です。
多摩川土手の河津桜は、今年は開花が遅いようです。
桜を見に来た近所の人たちも「今年は遅いですね~」と声を掛け合っています。
河津桜
河津桜は、大島桜(オオシマザクラ)と寒緋桜(カンヒザクラ)の交雑種だと言われていますが、早咲きの寒緋桜と、3月下旬頃から咲き始めて開花期間が長い大島桜の良いとこ取りをしたようで、2月上旬から3月中旬位までピンクの花を楽しむことが出来ます。
河津桜

河津桜

河津桜

河津桜

河津桜

河津桜

河津桜

河津桜

河津桜にメジロがやって来ました。
河津桜とメジロ
メジロの写真はまた明日。


今日もご覧いただき、ありがとうございました。

確定申告をしました2019年02月24日 09時36分18秒



昨日の夜、確定申告をしました。

以前は、e-Tax(国税電子申告・納税システム)で送信(提出)するには、「マイナンバーカード」と「ICカードリーダライタ」を持っていないと出来ませんでしたが、今年の確定申告から、「ID(利用者識別番号)」と「パスワード(暗証番号)」があれば電子送信が出来るようになりました(ID・パスワード方式)。
ID・パスワード方式なら、スマホからでも確定申告が出来ます。とても便利になりました。

私は「マイナンバーカード」も「ICカードリーダライタ」も持っていないので、昨年までは自宅のPCで、国税庁のホームページ上の「確定申告書等作成コーナー」で作成した書類をプリントアウトして、郵送していました。
税務署で並ぶ必要は無かったのですが、プリントアウトの手間と郵送料がかかりました。

昨年12月、仕事帰りに会社近くの税務署(自分の管轄税務署でなくても大丈夫です)に寄って、「ID(利用者識別番号)」と「パスワード(暗証番号)」を発行してもらいました。
税務署が開いている時間帯ならいつでも、その場で発行してもらえます。
本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証などの内1点)が必ず必要です。持っていくのは本人確認書類だけなので、道を歩いている時に「あっ、こんなところに税務署がある。」というノリで発行してもらいました。
「ID」と「パスワード」はプリントアウトしたものを貰えるので、メモや記憶力なども必要ありません。

今年は「ID」と「パスワード」を入力するだけで申告書を送信出来ました。自分の部屋の中で全てが完結するので、とても便利です。 Complete!

会社の年末調整の他に追加で支払う所得税は22,600円。
22,600円あれば美味しいものがいっぱい食べられます。もったいない!
他の人の話では、国税庁は一人ひとり調査している暇はないので、申告しなければ請求は来ないといいます。
ああ、もったいない!
私、小心者なのでついつい一生懸命申告書を作ってしまいます。

日本国憲法に定められた「教育の義務(26条2項)」「勤労の義務(27条1項)」「納税の義務(30条)」は、国民の三大義務ですもんね・・・



最後までお読みいただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.