Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

銀座線・渋谷駅が生まれ変わりました2020年01月05日 12時05分05秒

1927年12月30日に浅草-上野間が開通したことに始まる現東京メトロ・銀座線は、「東洋最初の地下鉄」といわれています。
地下鉄道としては東京駅と東京中央郵便局を結んだ貨物線(約0.2km)や、現JR仙石線の一部約0.4kmが地下化されていましたが、本格的な地下鉄道としては本路線が日本初であり、東洋初にもなります。
東京メトロ銀座線・渋谷駅

これまで平日の通勤時間にはホームに人が溢れ、改札口にも長い行列が出来ていた渋谷駅が生まれ変わりました。
1月3日に開業した新駅舎は、東急百貨店3階にあった旧ホームから浅草方面へ約130m移動しました。
M字形のアーチ構造の屋根を採用して柱を無くし、ホーム幅も旧ホームの2倍の約12mとなり、広々とした空間がつくり出されています。
オリンピック・パラリンピックの開幕までには、ホームドアやエレベーターの整備も終える予定です。

1年前の2019年1月2日に渋谷ヒカリエから見下ろした新・渋谷駅の工事現場です。
恐竜のあばら骨のような「M型鋼」がスライドしながら移動して、完成時には45本の「骨」が並びました。ホームの全長は102mになります。
将来的には渋谷ヒカリエ2階に直通の改札口も作られ、このM字形のへこんだ部分に歩行者デッキ(スカイデッキ)が設置される予定もあるといいます。
銀座線・渋谷駅、どんどん進化していきます。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ミツマタ2020年01月05日 18時36分34秒

ミツマタの花が一つだけ咲いていました。
二股より一人多い三股ではありません。
漢字では「三椏」と書きますが、三叉でも三又でも間違いではありません。
枝が3つに分かれるという特徴がある為ミツマタという名が付いたので、三枝と書かれる場合もあります。

3月から4月にかけて、白い蕾が開いてたくさんの黄色い花が咲きます。

フトモモ目、ジンチョウゲ科、ミツマタ属の落葉性低木です。

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.