Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

シャンシャン1歳誕生日記念フード2018年06月13日 09時44分12秒

6月12日に1歳の誕生日を迎えたジャイアントパンダの「シャンシャン(香香)」をお祝いして、上野動物園では様々なイベントが行われています。

園内フードショップでは、シャンシャン1歳をお祝いした特別なメニューもお目見えしました(6月12日から販売、売切れ次第終了)。
その中から、東園・藤棚休憩所で販売されている「冷し鶏天うどん」(税込680円)を食べてみました。
シャンシャン1歳誕生日お祝い「冷し鶏天うどん」
うどんは、動物園のフードショップとは思えない程、コシがあって美味しい。
麺が緑色なのは、パンダの好きな笹のパウダーが練り込まれているからだそうです。
お汁は爽やか系で、レモン果汁をかけると清涼感がさらに増します。昨日のような暑い日にはピッタリです。
うどんの上には鶏天はもちろん、大根おろし、レモン、パンダの形に切った海苔、お祝いの蒲鉾がトッピングされています。
箸袋もお誕生日祝い特別バージョンになっていました。

動物園の外でも、上野の街全体がお祝いムードで盛り上がっています。
JR上野駅の駅ビル、「アトレ( atré )上野」には、こんなに可愛いポスターが随所に掲示されています。通りがかった女性たちの「わぁ、カワイイ!」という声が聞こえてきました。

あっ、パンだ!パンダのパンだ!
アンデルセン(ANDERSEN)アトレ上野店ではパンダのパンを数種類販売しています。
『パンダのクリームパン』です。税込216円。
アンデルセンの「パンダのクリームパン」
ちょっと見タヌキにも見えますが、パンダです。上野店限定なんだから、パンダです。

アンデルセンの『パンダのデニッシュ』税込259円。
アンデルセンの「パンダのデニッシュ」
中にはチョコレートクリームがたっぷり入っています。サクサクした食感とバターの風味が美味しさを引き立てます。 軽~い!これなら5個くらい平気でいけます。
話はそれますが、デニッシュって日本ではアンデルセンで販売されたのが最初だそうです。
1959年に、アンデルセンの基となったタカキベーカリーの創業者高木俊介がはじめて欧州旅行にでかけた時、デンマーク・コペンハーゲンのホテル・ヨーロッパで食べた朝食のデニッシュペストリーに感動したのがきっかけで、販売を始めたとされています。
アンデルセンの名はデンマークの童話作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンに由来しています。
お客さん自身がトンクを使ってパンをピックアップするという、今では当たり前の販売方式もアンデルセンから始まっています。

JR上野駅構内の「エキュート(ecute)上野」でも6月1日から7月1日まで「Pandaful Party」というキャンペーンを行っています。
こんなに可愛い買い物袋も用意されていて、買い物をするとこの袋に入れてくれますが、この袋を持って電車に乗るのはちょっとハズイのです。

とんかつ まい泉」が販売している『まい泉ポケットサンド「たまとろメンチかつ」エキュート上野店限定焼印』(税込410円)です。ちょっと長いネーミングになってしまいました。
エキュート上野の公式キャラクター「うえきゅん」パンダと子パンダの焼印が施されています。
まい泉ポケットサンド「たまとろメンチカツ」
「メンチかつ」「ソース」「たまとろ(黄身がとろりとした玉子)」をまい泉のパンで挟み、専用の焼き機でプレスした、まん丸のサンドです。縁がプレスされているので中身がはみ出ることもなく、食べやすく作られています。
分厚いメンチかつにとろ~りとかかる黄身が食欲をそそります。メンチかつもソースも美味しい。
まい泉ポケットサンド「たまとろメンチカツ」

(株)グレープストーンの『東京ばな奈 パンダ バナナヨーグルト味、「見ぃつけたっ」』です。これまた長いネーミングです。
東京バナナ パンダ
8個入りで1,080円(税込)です。お買い得パック4個入りで515円という簡易パックもあるので、家庭用なら4個入りを2つ買った方がお得です。
東京バナナ パンダ
上野駅改札内、東京駅改札内、東京スカイツリータウン・ソラマチ、大丸東京店での限定販売中ですが、シャンシャンの一般公開開始日の2017年12月19日(火)に、JR上野駅で先行発売されました。
東京バナナ パンダ
ふかふかにくるまれた、甘いミルクのにおいがする子をイメージして、バナナヨーグルト味になっています。中からはヨーグルト味バナナクリームがとろけだしてきます。
バナナクリームのとろみは無くなりますが、冷やしても美味しいし、家庭の冷蔵庫で冷凍しても美味しいのが「東京ばな奈」の特徴です。
東京バナナ パンダ

これも余談ですが、東京メトロ銀座線上野駅ホームでは、壁面に透明な素材を使い向こう側が見える「透過型ハーフハイトタイプ」のホームドアが設置されています。
ホームドアに描かれたパンダが可愛いと、こちらも人気を呼んでいます。
銀座線のホームドア
シャンシャンも2歳になったら中国へ帰す(返す)契約になっています。
リーリーもシンシンもレンタルなので仕方がないのですが、1年後には寂しくなりますね。


今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2018/06/13/8893236/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。