Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

「環水平アーク」と「ハロ(暈)」2019年04月28日 23時53分12秒

今日横浜港に接岸していた豪華客船「クイーン・エリザベス」の上に虹がかかっています。しかもこの虹は上に膨らんだ円ではなく、下に膨らんだ円になっています。
クイーン・エリザベス
おかしいなと思って上を見ると、太陽の周りを囲むように薄い虹がかかっていました。
太陽の周りにできた「ハロ(暈雲)」
先ほど放送されたNHKニュースによると、上空に薄い雲がかかったのが原因だと考えられるということです。
調べてみると、上の写真の虹は「環水平アーク」といい、下の写真の太陽の周りの輪は「ハロ(暈=
かさ)」というそうです。
上空の薄い雲は氷の粒でできているため、太陽の光を屈折させて「ハロ」や「環天頂アーク」などの虹色現象(光学現象)が現れやすくなるということです。

今までは気にもしていなかったのかもしれませんが、今年に入って、「天使のはしご」や「花粉光環」、今回の「ハロ(暈)」、「環水平アーク」など珍しい現象を見かけるようになりました。
何か良い事がある前触れでしょうか?それとも天変地異で悪いことが起こるのでしょうか?
みんなきれいな現象なので、きっと良いことがあるんでしょうね。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2019/04/28/9065741/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.