Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

スター・クルーズ・プラネタリウム2012年11月27日 23時59分15秒

六本木ヒルズ・森タワー52階の森アーツセンターで、「スター・クルーズ・プラネタリウム」をやっています。
スタークルーズ プラネタリウム
画像はそのパンフレットです。
このパンフレット、一般配布用のA4サイズのパンフですが、表面が樹脂コーティングされていて勿体ないくらい高級感があります。
六本木ヒルズでは、今行われている「スカイドリーム・ショップ&デッキ」のパンフでも同じ表面加工を施しています。
さすが六本木ヒルズ、ちょっと違うな・・・と思わせます。

23日から、プラネタリウム・クリエーター・大平貴之さんのプロデュースによる「スター・クルーズ・プラネタリウム」が始まりました。
会場に入ると、宇宙船スター・クルーザーがあります。
このスター・クルーザーに乗って、土星最大の衛星「タイタン」軌道上の宇宙ステーションへ向かい、137億光年彼方の宇宙の果てまで旅をします。
六本木ヒルズ スタークルーズプラネタリウム
「スター・クルーズ・プラネタリウム」は4つのブロックに分かれています。

1. 土星ステーションへの旅
   スター・クルーザーに乗って土星の宇宙ステーションに向かいます。
   ワイドスクリーンによる映像に180度包まれます。
2. 新 3D SKY WALK
   地球から見える星が立体的に構成されています。
   おなじみの北斗七星やオリオン座も立体的に見ることが出来ます。
3. 未知なる地球への帰還
   準光速で137億年彼方の宇宙の果てまで行き、地球に帰還します。
   準光速で飛行した為、地球は驚きの未来になっていました。
   特殊相対性理論の「ウラシマ効果」を分かりやすく体験できます。
4. MEGA STAR(メガスター)
   スーパープラネタリウム「MEGA STAR」で満天の星を体感できます。

大人も楽しめますが、小・中学生のお子さんにもお薦めです。勉強になります。
残念ながら、会場内は撮影禁止でした。

2月11日(月)(バレンタインデーですね)まで。
時間は11:00~22:00(金・土・休前日は23:00)。
料金は一般2000円、高校・大学生1500円、4歳~小学生800円と高いですが、森タワー52階の展望台=東京シティービューと森美術館への入場ができます。
森美術館では、若者にも人気のアーティスト、会田誠展「天才でごめんなさい」を開催しています。
東京タワーや東京スカイツリーを一望出来る天空の夜景と共にお楽しみ下さい。
Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.