Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

パウル・クレー(Paul KLEE)アーティゾン美術館2020年07月30日 11時22分53秒

建て替えのため5年近く休館していた「旧 ブリヂストン美術館」が、今年1月に「アーティゾン美術館」として装いも新たにオープンしました。
アーティゾン美術館ではパウル・クレーの作品を3点所蔵していましたが、昨年新たに24点の作品をまとめて所蔵しています。

所蔵品に新たに加わったパウル・クレー作品を一挙に紹介する「新収蔵作品特別展示:パウル・クレー」展が開催されています。

パウル・クレー(Paul KLEE)アーティゾン美術館

これら24点はクレーが分離派展や青騎士グループへの参加を通じて頭角を現わし始めた1910年代に 始まり、造形教育学校バウハウスで教鞭を執っていた1920年代を経て、晩年にあたる1930年代まで、その 画業の大半を網羅した、規模、質ともに国際的にも有数といえるクレー・コレクションです。

パウル・クレー(Paul Klee,  1879 - 1940)はスイス生まれの画家で、美術理論家でもあります。
クレーの美術理論はドイツの総合造形学校バウハウスやデュッセルドルフ美術学校で講義され、書物としても発行されています。
ミュンヘンを拠点に、分離派展や芸術家グ ループ「青騎士」の活動に参加し、ヴァシリー・カンディンス キーやフランツ・マルクらと交流するも、その作風は表現主義、超現実主義などのいずれにも属さない、独特のものとなっています。

《小さな抽象的-建築的油彩(黄色と青色の球形のある) Small,Abstract-Architectural Oil Painting 〈with Yellow and Blue Sphere〉 》 1915年 油彩・厚紙

《谷間の花 Flower in a Valley 》 1938年 油彩・板に貼られた綿布

《庭の幻影 Vision of a Garden 》 1925年 油彩・木枠に貼られた厚紙

《少女 - 振動 Girls Quaking 》 1923年 水彩、インク・厚紙に貼られた紙

《羊飼い The Shepherd 》 1929年 油彩・合板に貼られたカンヴァス

《踏切警手の庭 Garden of the Level-Crossing Attendant 》 1934年 パステル・紙に貼られたダマスク織ノ布

以前からの所蔵品も1点展示されていました。
《島 Island 》 1932年 油彩、砂を混ぜた石膏・板


「石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 新収蔵作品特別展示:パウル・クレー」開催概要
開催場所:アーティゾン美術館 4 階展示室 石橋財団コレクション選 特集コーナー
開催期間:2020年6月23日[火] - 10月25日[日] (コロナ禍により会期が変更されています)
休館日:月曜日(8月10日、9月21日は開館)、8月11日、9月23日
開館時間:10:00 - 18:00 (祝日を除く毎週金曜日は20:00まで /当面の間、中止)
  ※入館は閉館の 30 分前まで
入館料:一般 WEB予約1,100円 当日窓口販売1.500円
   大学生・専門学校生・高校生は無料ですが日時指定の予約が必要
   中学生以下 無料、予約も必要なし
   障がい者手帳をお持ちの方と付き添い1名 無料ですが日時指定の予約が必要
 
 ※ウェブ予約チケットは各入館時間枠の終了10分前まで販売
 ※当日チケットはウェブ予約チケットが完売していない場合のみ販売
 ※この料金で同時開催の展覧会3会場を全て観覧できます
 ※スマートフォンとイヤホンを持参すればアプリで4階所蔵作品展示の無料音声ガイドが聴けます
 詳細は公式サイトにて確認して下さい。

現在アーティゾン美術館では本展の他に6階展示室で「ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり」、5階展示室で「第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展 日本館展示帰国展 Cosmo- Eggs| 宇宙の卵」、4階展示室で「石橋財団コレクション選 特集コーナー展示:印象派の女性画家たち」が開催されています。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2020/07/30/9273366/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.