Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ (Jubilé du Prince de Monaco) バラ2022年03月21日 09時43分56秒

ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ (Jubilé du Prince de Monaco)
ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ (Jubilé du Prince de Monaco)  バラ
作出年:2000年 作出国:フランス(メイアン Alain Meilland  ) 系統:フロリバンダ (F: Floribunda)

ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ (Jubilé du Prince de Monaco)  バラ
白い花弁に赤い覆輪が入り、紅白のコントラストがはっきりと現れた、華やかで美しい薔薇です。  半剣弁カップ咲きの大輪を咲かせます。
この赤と白は、モナコ公国の国旗の色です。
元モナコ公国元首・故レーニエ3世大公(在位1949年~2005年)の即位50周年を記念して捧げられました。 ジュビレとは、在位50周年(ゴールデン・ ジュビリー)を記念して捧げられたことを表します。

つくし(土筆)がたくさん生えてきました2022年03月21日 18時23分28秒

多摩川の土手で、つくし(土筆)がたくさん生えていました。
つくし(土筆)

つくし(土筆)

スギナ(杉菜)は、地下茎から地上へ出る茎が胞子茎と栄養茎に分かれ、栄養茎をスギナ、春に出現する胞子茎をツクシ(土筆)と呼びます。
つくし(土筆)
つくしは、薄茶色の円柱形で中空、袴(はかま)と呼ばれる茶色で輪状の葉の変形物が鞘状になって茎を取り巻いており、頂には六角形の胞子が密生します。

つくし(土筆)

つくし(土筆)

つくし(土筆)

つくしの穂は、緑色を帯びた“ほこり”の様な胞子を放出すると枯れてしまいます。
つくしの成長後に、それとは全く外見の異なる栄養茎を伸ばします。それがスギナ(杉菜)です。

つくし(土筆)

つくし(土筆)

つくしは食用になります。つくしを摘むときは、下の写真左側のように開ききったものではなく、まだ胞子を放出していない、頭の部分がしっかりと締まった若いものを選びます。また、袴と袴の間が短い方が成長しきっていないので美味しいといいます。
つくし(土筆)
灰汁抜きをして、つくだ煮やお浸しにすると美味しいですね。
パスタの具にしても、季節感満載で映えるかもしれません。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.