Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

秋空にケイトウが見頃です2017年10月03日 21時04分10秒

国営昭和記念公園でケイトウが見頃になっています。
ケイトウ きものシリーズ
ケイトウと言えば燃える炎のように鮮やかな赤を想像しますが、赤や黄色、オレンジ色、ピンクと、カラフルな色合いが青空に映えます。
ケイトウ きものシリーズ
ケイトウは漢字で「鶏頭」と書くように、花穂の形状がニワトリの鶏冠(とさか)に似ていることからこの名がつけられました。
ケイトウ きものシリーズ
このケイトウは「きものシリーズ」という種類で、矮性(わいせい)羽毛ケイトウです。草丈10cm位で出穂を開始し、花穂は草丈の半分を占めるほどの大きさになるので、非常に見ごたえがあります。
蠟燭(ろうそく)の炎のような形の花穂が特徴的です。
矮性とは、園芸分野においては、著しく草丈・樹高が低いことを指す用語として用いられています。
ケイトウ きものシリーズ
丘の上では「パンパスグラス」が爽やかな秋風になびいています。パンパスグラスは英名の呼び方で、日本名は「シロガネヨシ」と言います。でも、「パンパスグラス」の方が一般的に用いられているようです。

ケイトウ きものシリーズ

ケイトウ きものシリーズ




最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.