Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

横浜に入港した セブンシーズ・エクスプローラー(SEVEN SEAS EXPLORER)2023年10月08日 16時40分52秒

今朝10時30分頃、リージェント・セブンシーズ・クルーズが運航する大型クルーズ客船「セブンシーズ・エクスプローラー(SEVEN SEAS EXPLORER)」が横浜へ入港してきました。

横浜ベイブリッジの向こうの大黒ふ頭には「MSC ベリッシマ」が着岸しています。
横浜ベイブリッジと「セブンシーズ・エクスプローラー(SEVEN SEAS EXPLORER)」

船尾の向こうに見える橋は、首都高速湾岸線の「鶴見つばさ橋」です。横浜ベイブリッジよりも東京寄りにある斜張橋で、橋長は1,020メートルあります。
大型クルーズ客船「セブンシーズ・エクスプローラー(SEVEN SEAS EXPLORER)」

船首側に見える赤い灯台は「横浜北水堤灯台」です。 明治29年(1896年)に完成し、長い間行きかう船舶を見守り続けてきた、東京湾最古の灯台です。 灯器はLEDに変更されましたが今でも光を放ち、「赤灯台」と呼ばれて市民に親しまれています。
朝もやで霞んでいますが、その奥に見えるのは太平洋製糖(株)です。「横浜・さとうのふるさと館」を開設していましたが、2004年5月に閉館しています。
その奥にそびえ立つ2本の塔は、JERA の横浜火力発電所の排気塔で、愛称「ツインタワー」といいます。高さは2本共200メートルあります。2本の煙突は、鉄筋コンクリート造りの高さ198mの外筒で支持され、内部にステンレスクラッド鋼製の高さ200mの内筒が、各煙突に4本設置されています。
大型クルーズ客船「セブンシーズ・エクスプローラー(SEVEN SEAS EXPLORER)」

船首方向に見える風力発電施設は、横浜市の「ハマウィング」です。船尾の向こう遠くの方に、東京スカイツリーが見えます。
大型クルーズ客船「セブンシーズ・エクスプローラー(SEVEN SEAS EXPLORER)」
「セブンシーズ・エクスプローラー(SEVEN SEAS EXPLORER)」は2016年7月にデビューし、モナコ公国のシャルレーヌ公妃によって命名されました。
総トン数50,254トン、全長224m、全幅31mで、乗客定員は750名、乗組員542名で運航されています。
大型クルーズ客船「セブンシーズ・エクスプローラー(SEVEN SEAS EXPLORER)」
船籍はマーシャル諸島です。船尾に「MAJURO」と書かれていますが、「MAJURO(マジュロ)」はマーシャル諸島共和国の首都の名です。
大型クルーズ客船「セブンシーズ・エクスプローラー(SEVEN SEAS EXPLORER)」

右へ回頭して、バックで新港ふ頭客船ターミナル(横浜ハンマーヘッド)に接岸します。
手前は海上保安庁・第三管区海上保安本部の施設です。水上バスが走っていきました。
大型クルーズ客船「セブンシーズ・エクスプローラー(SEVEN SEAS EXPLORER)」



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2023/10/08/9623875/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2024 M-Hoshino All Rights Reserved.