Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

星野道夫「悠久の時を旅する」東京都写真美術館2022年11月26日 17時13分43秒

1996年8月、カムチャッカ半島でテレビ番組のための取材中にヒグマに襲われて、43歳の若さで非業の死を遂げた星野道夫。
大学1年生の時に「ALASKA」という洋書に掲載されたエスキモーの村の空撮写真に魅せられてアラスカに渡り、、アラスカの自然と人々をテーマに写真と文章で発表してきました。
没後26年を経た現在においても、心を打つ大自然やそこに住む動物たち、そして人々の写真を通して多くの人の心を魅了し続けています。

そんな星野道夫の写真展「悠久の時を旅する」が、東京都写真美術館で開催されています。

展覧会チラシです。

展覧会は、
Prologue:1973年、シシュマレフへ アラスカとの出会い
第1章:生命の不思議 極北の動物たちとの出会い
第2章:アラスカに生きる 人々との出会い
第3章:季節の色 自然との出会い
第4章:森の声を聴く 神話との出会い
第5章:新しい旅 自然と人との関わりを求めて
の6つのテーマで構成され、20歳のときに初めて足を踏み入れたアラスカの村の記録から、亡くなる直前まで撮影していたロシアのカムチャッカ半島での写真までを、147点の写真と26点の資料で展覧しています。

NHKが今年12月放送予定の、星野道夫特別番組を収録の為訪れた自宅で発見された、愛用のカメラ「フジパノラマG617プロフェッショナル」と、そのカメラに収められていたリバーサルフィルムとコンタクトプリントも展示されています。
2022/11/12 NHK NEWS WEB 「写真家 星野道夫さんが撮影した写真か 雪原や動物など6枚確認」はこちら
2022/11/21 NHK WEB特集「26年ぶりの発見 星野道夫のカメラと奇跡の写真」はこちら
NHK「ワイルドライフ」(12月5日 20時~21時(NHK-BSP/BS4K))」と「ダーウィンが来た!」(12月18日 19時30分~20時(NHK総合))で星野道夫の特集が組まれています。


星野道夫「悠久の時を旅する」という写真集は2012年12月に発行され、それに合わせて東京ミッドタウンの「FUJIFILM SQUARE」で同名の写真展も開催されました。
本展はこの写真展を再構築し、あらたに代表作を加え、星野道夫の世界をより深く掘り下げた展示になっています。
2012年に発行された写真集「悠久の時を旅する」も、星野道夫の代表作10点と寄稿文3編を加え、装いを新たに「新版 悠久の時を旅する」として2020年10月に刊行されています。(税込2,750円)


星野道夫 写真展「悠久の時を旅する」開催概要
開催会場:東京都写真美術館 地下1階展示室
開催期間:2022年11月19日(土)-2023年1月22日(日)
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館、翌平日休館)
     年末年始(12/29-1/1、1/4) ※12/28、1/2、1/3は臨時開館
開館時間:10時-18時(木・金は20時まで) ※入館は閉館の30分前まで
観覧料金:一般1,000(800)円 / 学生800(640)円 / 中高生・65歳以上600(480)円
  ※( )内は当館の映画鑑賞券提示者、各種カード会員、目黒区在住の方(要証明)
各種割引や他展覧会との割引料金がありますので、詳細は公式サイト「ご利用案内」を確認してください。
※本展はオンラインによる日時指定予約を推奨しています。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2022/11/26/9543825/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2023 M-Hoshino All Rights Reserved.