Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

今日のシャンシャン(香香)2019年09月03日 18時04分40秒

今日のシャンシャン(香香)です。
シャンシャンは2017年6月12日に上野動物園で生まれました。もうすぐ2歳3ヶ月になります。
体重も60㎏を超えすくすくと育っていますが、子供らしいかわいらしさも残っています。
シャンシャン(香香)

竹の稈(かん=茎の部分)も立派にバリバリ食べています。
シャンシャン(香香)

時々寂しそうに飼育員のいる部屋の方を見ています。お母さんの匂いが漂ってくるんでしょうか?
シャンシャン(香香)

ジャイアントパンダは中国では大熊猫(大熊貓 dàxióngmāo シュンマオ)といいます。
大熊猫。 熊なんでしょうか?猫なんでしょうか?
猫のようにかわいいんですが、哺乳綱、食肉目、クマ科に分類される、りっぱなクマさんです。
まだ2歳なのに、歯並びすごいですね。
シャンシャン(香香)

食べて少し遊んだら寝てしまいました。この体制になるとしばらく動きません。
シャンシャン(香香)



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

竹皮パンダ弁当2019年09月03日 19時36分35秒

上野動物園で、お腹が空いたので西園にある「カフェカメレオン」で「竹皮パンダ弁当」というのを食べてみました。
アイスコーヒーのカップには上野動物園の人気者「ハシビロコウ」や「ジャイアントパンダ」などが描かれています。箸袋のパンダもかわいいです。
竹皮パンダ弁当
お弁当が竹の皮で包んであります。
昔はおにぎりなども殺菌効果を兼ねて竹の皮で包んで持ち歩いていましたが、最近は見かけなくなりました。
ジャイアントパンダは竹や笹を食べますが、その「竹」の皮です。
上野動物園では、孟宗竹、真竹、篠竹を中心に、熊笹、矢竹、業平竹など、なるべく多くの種類を与えているそうです。
大人のパンダだと、1日に1頭あたり45㎏ほど食べるとか。大食漢ですね。

さて、「竹皮パンダ弁当」を開けてみると、中にはかわいいジャイアントパンダが・・・・・
竹皮パンダ弁当
周りの茶色いご飯は味付で、顔は白米です。目と鼻は甘めの味付けの黒豆で、あっ、美味しい。
耳はシイタケ、手は鶏肉です。サヤエンドウで竹の葉っぱを表現しています。錦糸玉子とでんぷで飾り付け。
おこわの中にもシイタケやニンジンなどいろいろな物が入っていて、子供も喜びそうな味です。
量もかなりあって、大人もお腹一杯になります。子供だと食べきれないかも。

「カフェカメレオン」は不忍池に面しており、テラス席はハスの花の向こうに「不忍池辯天堂」が見える絶景です。
竹皮パンダ弁当



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.